今年も最後となりました。

昨日から急に寒くなり初雪となりました。店内を掃除して新しくカレンダーをセットして、年に1回しかしない(笑)Kトラを洗車して来年の準備を済ませました。
今年を振り返りますと益々農業離れが進んだ年だったと感じます。田舎の道沿いの田んぼが草で埋もれて、どこに田んぼがあったのかわからなくなる様な姿となってきております。飯南町はお茶の栽培が盛んですが、高齢化などで近年お茶をやめる農家さんも増えて伸び続けるお茶の木が畑を覆っている場所が増えてきました。
でもそんな中にも、定年を間近に控え、親も高齢で農業が出来なくなって来て、自分がやって行こうと新しい機械を購入頂いた方もおられます。そんな方と話していると「採算は全然合わないけど自分の家のお米を食べれるんやし、自分の代に荒らしてしまうのもな」と言っておられます。
自分は38歳です。親父から引き継いで3年ほどになります。今までのやり方を変えないといけないと思いホームページを作り、ブログを公開し、とにかく少しでも若い年代の方に農業に関心を持って貰いたいと思っております。収穫した時の喜びや、土にまみれる楽しさを農業機械の価格を越えて味わって頂けるように、小さな小さなお店ですがこれからも努力して行きたいと思っております。
来年もよろしくお願い致します。

来年1月19,20日とチエンソー無料整備会&展示会も開催致します。お気軽に御来店ください。詳細はHPにてご覧いただけます。http://homepage3.nifty.com/takao-s/

ユニークな薪ストーブ

今日の寒いこと。シイタケ栽培のお客さんと外で話をしていたら、あまりの寒さに腕を組んだりポケットに手を入れたりブルブルと震えていました。正月は天気が悪そうです。我が家は山の中腹。嫁さんは実家に帰る予定。もし雪でも降ったら帰ることが出来るんでしょうか(笑)
 
今年は薪ストーブの修理が多いです。このストーブは、はじめて見ました。そのDsc02450
名もアンデルセン ユニーク。なんとも形もユニーク。平成元年に設置されたそうです。今回はガラス交換でした。ガラスは良く割るんですよね。木が飛び出していてそのまま押し込んだりして、ピキ。店舗のストーブも何回か交換しています。
「長いこと焚いてるけどなんともない。たいしたもんや」ユーザーの方は言っておDsc02451
られますが、やはりいい物は長持ちするんですね。メンテナンスも大事ですが、せっかくの薪ストーブです。長い事使っていただきたいです。

冬こそおでん。

冷えますねー。今年も残りわずかになってきました。話題はやはり薪ストーブにDsc02446
なってしまいます。今夜のメニューは「おでん」冬の定番です。じっくりと煮込んでいますので、味がしみ込んでいいですよ。我が家の定番メニューですが、他にも焼き芋などを良くします。遠赤外線がいいのでしょうか、芋の味が甘くてほくほく。レンジでチンとはかなり違います。お客さんの陶器屋さんに作って頂いた土鍋。我が家のお気に入りDsc02449
です。持ちやすくフタの形がまたイイ!!持ちやすく、置きやすい。よく考えてあります。オリジナルですからどこにも売ってません。(笑)皆さんも、薪ストーブで調理してみるのもいいですよ。せっかくがんばって集めた薪ですから。暖まるだけではもったいないです。ガス代も節約になるし。ではまた。

害獣の被害と猟。

最初にお伝えします。今回の写真はちょっとショッキングかも。だめな方は拡大無しでご覧ください。最近の山は動物だらけです。鹿、サル、いのしし、おまけに熊。どんな勢いで増えているんでしょうか。野菜などを食べて栄養状態が良なって長生きする、冬が暖かくなって死ななくなった。いろんな事で増える一方のようです。当店でもサル用の電気網を設置して対策をしておりますが、サルも生きていくのに必死です。最近、津の方で3匹サルが出て困っているとニュースで見ましたが、この辺は群れです。車を止めても逃げません。子供たちだけでは危険です。もっと対策が必要でしょうが、なかなか進まないのが現状のようです。お客さんに猟師さんが居りますが、今年は鹿を3匹まで獲れるようになったと教えて頂Dsc02438
きました。増え続ける鹿を何とか減らしていく為の対策のようです。この鹿も朝獲ったばかりで、水に漬けて血を出してからさばくとの事。処理をうまくすれば非常に美味しく食べることが出来るそうで順番待ちするほどの人気だそうです。ちょっとショッキングですDsc02441
が、普段食べる牛も豚も同じことです。畑を荒らす悪者も、肉になって美味しく食べて頂ければ、撃たれた甲斐があります!?。撃って減らさないと数が減っていかない現実。いつまで続くんでしょう。

薪ストーブと白菜。

変なタイトルですみません。そのまんまですが、今朝仕事に出かける前にフッと薪ストーブを見ました。今日は朝からいい天気で日差しが窓から差し込み、薪スDsc02435
トーブを照らしていました。モルソーの1620は鳩のレリーフが横に彫ってあります。写真ではうまく写す事が出来ませんでしたが、この時の鳩の感じが非常に、生き生きと目に映り、無骨なストーブがちょっと違って見えました。改めて薪ストーブは暖める器具という役割だけでなく、不思議な魅力があるなと感じました。そして外に出て下を見ると半分に切った白菜が置かれていました。なぜ白菜?と思いましたが、昨日Dsc02437
店舗の前に置いてあった移動畑からの収穫した白菜を切ってくれとお袋に頼んだことを忘れておりました。朝日に照らされ、瑞々しくおいしそうです。これを肥料袋で育てていたと伝えるとお袋もびっくり、感心しておりました。さすが「花土壌」どんな味がするか楽しみです。ブロッコリーと大根はもう少し後になりますが、非常に楽しみです。

薪集め出動。

お客さんの製材屋さんが言ってました。木切れをもらいに来る人が増えたと。やDsc02421
はり灯油が高騰したので木を燃やそうということでしょう。化石燃料ではなく山の木を利用して暖をとる。時代が戻っているようです。昨日の日曜日、久々の薪集めに行ってきました。知り合いの土建屋さんから声を掛けていただき、休みの日だったらいいよと、さっそくHさんに声を掛け、Kトラ2台で頂いてきました。現場は山の中の谷の下。Dsc02425
今回は4駆必須でした。現場は谷底の砂防を作っているところ。そこまでが長い坂道です。途中に雑木が切って倒してあるので積みながら降りて行きます。帰りの途中では滑って上がりそうにありません。雑木は土にまみれていますが、問題無しです。谷底に着く頃にはだいぶ載せる事が出来ました。谷に砂防を作っている現場でしたが、こDsc02426
んな谷底に重機を運びコンクリートを流して堰を作るとはすごい技術だと改めて感じます。帰りは一気に止まることなく走りました。止まるとおそらく動けないでしょうから。今回は1時間ほどで終了。短時間でたくさん収穫できて大満足です。

伊勢芋とみかん。

当店のお客さんは飯南町だけではありません。松阪市、宮川、美杉村、玉城いろんな場所に住んでおられます。ほとんどがお客さんからの紹介ですが、今回ご紹介する伊藤農園さんもその中のひとりです。住まいは松阪市庄町。店舗よりDsc02395
20分ほどですが、周りは田んぼ、みかんなどが多い地域です。数年前にみかんを棚に上げるのに良い機械はないかと言う事で初めてお邪魔しました。みかんを保存しておく棚。初めて見ました。この棚にみかんを並べて年を越し春頃までに出荷するとの事で
Dsc02396す。朝には窓を開け、空気を取り入れ温度調整をしながら品質管理をしていくとの事。こんな風に保存しているですね。みかん農家さんは皆こんな風に保存するんでしょうか。こちらの伊藤農園さんは、他にも伊勢芋を栽培、販売されていま
す。伊勢芋?とろろにする芋でコクがあり、非常に美味です。永年のファンも多く予約でほぼ売り切れてIseimo11_4
しまうそうです。伊藤さんは土にこだわり、減農薬で栽培されています。そんな苦
労が味に伝わるのでしょうか。みかんにも、当然土にこだわり、毎年かなりの
成果を上げられています。今回どうしても紹介したくて、写真もお願い致しました。チラDsc02399
シも頂きましたので、ご紹介します。昔ながらの伊勢芋を食べてみたい方ぜひともお問い合わせください。

薪の消費。

今日は朝が冷えました。霜がびっしり。最近では少なくなりましたが、何か今年は寒そうな予感。シーズンは始まったばかりなのに、もう薪の心配をしております。焚き始めてから1ヶ月ちょっと。薪の棚を見るたびに何か今年は減っていくのが早いように感じます。昨年はこの棚で余るほどでした。よっぽどの暖冬だったDsc02392
ですね。ここ数年は、平日は夕方からの使用ですが、使いすぎなのかもともと準備不足なのか。準備不足でしょう(笑)でも事務所用に2台分要りますから大量に必要ですが。時々写真を撮って載せていこうかなと思っています。皆さんは1日どのくらいの薪を消費するんでしょうか。気になるところです。

煙突掃除!!

灯油が、どんどん値上がりですね。いつまで続くんでしょうか?まったく困った話です。我が家は風呂で灯油を使うだけなので、ポリタンクを持って買いに行ったりしないので、いまいち金額をはっきり見ないのですが、お客さんと話をしているとあそこはいくら、ココはいくら。そんな話だらけです。当店は看板にも「薪ストーブ」と載せているので問い合わせによく皆さん訪れます。木はそこらじゅうになんぼでもある(杉、ヒノキの事です。)から薪ストーブを付けたいからいくらかかるの?そんな感じで聞かれます。工事込みで○○○○○円ぐらいですよ。と答えDsc02383
ますと皆さん、カタログだけ持っていかれる事が多いです。どうしても高い物になってしまうのでなかなか決断しにくいですよね。時々、煙突の掃除をして欲しいと依頼があります。何年も前に取り付けて掃除をしていないので、見て欲しい。ブラシ、はしご、掃除機他を持って出動です。今回のストーブは過去最大にひどかったです。何かというと煙突のすす。3年ほど焚いていないとの事ですが、焚かなくてよかったです。この状態で焚いていると火事になっても不思議でない。ブラシでガシガシ擦ってもDsc02384
なかなか取れませんでした。ススというよりタールの塊。何とか取り除き、本体も綺麗にして終了です。薪の注文も頂きましたので、お正月には薪の炎を楽しんでいただけそうです。皆さんもメンテナンスはしっかりとやりましょう!!スイッチひとつで点火するストーブとは違います。大事にするからこそ長持ちしますからね。

松阪牛飼育現場より

久しぶりにお客さんの牛舎に行ってきました。先日の松阪肉牛共進会は一等1200万でしたが、お客さん宅の牛はどうだったのでしょうか。
気になりながらなかなか行けなかったので、
Dsc02377行ってすぐに聞いてみました。
結果は惜しくも等には入りませんでしたが、松阪の有名なお店が購入して満足いく結果だったそうです。よかったです。ちょうど朝の餌を与えている所だったので、見せてもらっておりましたが、四角いワラ?なんと韓国産だそうです。ワラも海を越えてやって来るんです。コスト的にこちらDsc02380
の方がいいのでしょうが、やはり自分の田んぼから取れたワラの方が食いは良いと聞きます。人間の食べ物もほとんど外国産。家畜の餌も外国産。これが現実です。