来年もよろしくお願い致します。

今年も残り僅かになってきました。今日は朝から店舗にてトラックの洗車、事務所の掃除、事務仕事を終えました。

今年もアッという間に過ぎていった感がありますが、今年1年感じた事を書いてみたいと思います。
自分はごの業界(農機)に入って10年が経ちましたが、年々農機を使う方が減ってきております。理由としては高齢化、農業離れ、害獣によるもの等様々ですが田舎の農機屋としては先行き不安な材料ばかりであります。

近年、問題なのは害獣です。この1年は害獣対策に悩まされた1年でもありました。ここ数年で一気に増えてきた気がします。
今朝も仕事に来るときに、車の前を猿が横切り民家に入って行きました(笑)
いくつかの対策商品を扱っておりますが、お金も掛かりますから「作らずに野菜を買った方がいいわ」なんて話になるほどの農業離れに拍車が掛かる原因にもなっているほどです。

そして高齢化、これはどうにも難しい問題ですが後継者が居ない農家さんには他に委託するしか方法がなく、これまた一気に進んだ感があります。委託先も効率の良い田んぼに偏ってしまい、不便な場所の田んぼは荒地になり、害獣の範囲が広がる要因にもなっています。

さみしい話ばかりですが、ちょっとした変化も感じております。
田舎暮らし、古民家、こんな言葉がよく聞かれる様になりました。
減っていくばかりの田舎の人が、街から帰ってくる、古民家を買って住み始める。そんな状況が増えてきています。「田舎で野菜作りをやりたいので畑を起す機械が欲しい」。今まで農業をやった事が無いという方が購入して頂く事が増えてきました。
意外にも定年後の方ばかりでなく、40代、50代もちらほら居られます。

そしてインターネット(ブログ、HP)の影響力にも再確認した1年でした。
このブログを見て、店舗に来てくれる、チエンソーを購入してくれるなど自分の営業力では届かない範囲の方が来てくれるという、感動を実感しております。

来年はもっと田舎が注目されるのでは思っております(期待しています)
プロ農機店として、機械レンタル、薪ストーブユーザーへの応援店としてさらに力を入れて行きたいと思っております。
長々と書いてしまいましたが来年もどうぞよろしくお願い致します。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

今日のマメ太~哀愁編~

今年ものこりわずか。明日が仕事納めです。

Dsc03552

ポカポカと日が当たる場所にマメ太が日向ぼっこです。
高齢で最近はこんなシーンが多くなりました。なにやら悲しげです。

Dsc03550

先日、TVに出た時の「お釜」が先日の強風でひっくり返っております(笑)
2つ並べても「鉢」の方ばかり入っています。プラスチックの方が暖かそうだし、形状がスッポリとマメ太の体にフィットしているので、気持ちよさそうです。

あれ以来、「お釜」に入っている姿は見てません(笑)

Dsc03553

これほど近づいても飼い主に見向きもしません・・・・。
「おい!マメ太」 呼んでも無視です・・・・。

Dsc03551

ようやく振り向きました。

Dsc03553_2

でもまた知らん振りです(泣)

Dsc03555

何度も呼んだらようやくやって来ました。でもすぐに「鉢」に戻っていきます。よほど気に入っているんでしょう。

Dsc03564

夜の10時ごろに見に行ったら、ご覧のとおり。
もう動かせません(笑)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

今夜のメニューは。

寒さが続きます。薪が異常に減っていきます(泣)
早くも別の場所に置いてある、ピンチ用の薪をKトラで運びました。
もうピンチ?今年は1日家に居るので仕方ないですけど、去年の暖冬に比べ減りの早い事。

Dsc03556

昼間に薪を運んで家に中に入ると、ストーブの上に久しぶりに見る土鍋を発見。
知り合いの陶器屋さんに頂いた試作品の土鍋です。壷ではありませんよ(笑)

薪ストーブに乗せて使ってみて欲しいと言う事で、数年前から使わせてもらってます。
土鍋は熱を当て過ぎてひびが入って駄目になったりするので、実際に使って試しているんです。

フタや取っ手がお洒落で実はかなり気に入ってます。こんなデザインあまり見たこと無いですよね。
またこれが薪ストーブに乗せると合うんですよ。

Dsc03557

さて中身は何かと言いますと、冬の定番「おでん」でございます。
じっくりと薪の炎で煮込んでおります。朝から煮込んでガス代いらず。エコです。(笑)

今日の寒さにピッタリのメニューですね。「ホフホフ」としながら頂きたいと思います。
楽しみ、楽しみ。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

スチール192Tはなかなか。

今年もあとわずか。もう今年は売れないかなーと思っていた「スチールサンクスフェア」ですが192Tが欲しいとお客様がチラシを見て来店して頂きました。

お客様は原木椎茸の栽培を以前からやっており、定年と共に本格的に取り組むんだという事です。
昔からスチールを使っていて今も026を使用しておられます。小さいのが欲しいが、やっぱりスチールが良いと言って頂きました。

Dsc03537

小型モデルはゼノアの「こがる」を勧めるのが比較的多いのですが、今回はスチール192Tをお買い上げ頂きました。

Dsc03538

正直初めてなんですが、持った感じはバランスも良くなかなかです。ちょっと重いかな。でも頑丈そう。

チエンブレーキつきでキャブレターも後ろに付いてます。チエン張りも楽です。
初めての人にも使いやすい設計になっております。

今回は分かる人には分かる。分からない人にはさっぱりの話ですみません(汗)
展示会も近いので(1月31日、2月1日)こんな話をつい出してしまいました。(ヤラシー)
でもやっぱり良い物はお伝えしたいですよね。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

マメ太がTVに出ます。

天皇誕生日です。本日も仕事です。31日まで休み無しです。がんばってもうすこし働きます。

Dsc03523

我が家の番犬、マメ太が三重TVの「とってもワクドキ!」に出演します。
放送は24日夕方6時(明日です!)
なぜ?となりますと長くなりますが、以前このブログで掲載した写真が思いのほか好評で、ぜひ!という事でせっかくなんでという事です(笑)

Dsc03526

取材の方は非常に調子よく「やるなーマメ太」と朝っぱらからうるさく鳴く、やかましい犬という事を忘れるほど飼い主ながら感心しました。

どうぞ大活躍のマメ太を見てやってください(笑)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

焼き芋&焼きみかん。

そろそろ焼きみかんの恋しい季節になってまいりました。
焼きみかん?何それ?焼くの?美味しいの?
質問攻めに遭いそうな感じですが、全国には焼きみかん同好会があったり焼きみかん専用器も販売しているほどに人気なんですよ。(本当です)

この辺でも奥さん連中は、集まったときの会話に「そろそろ焼きみかんの季節やなー」と例年出てきます(これはウソです(笑))
でも話に出たのは、本当に先日の事で我が家でもひさしぶりの焼きみかんシーズンの始まりです。

Cimg0818

Cimg0822

焼き芋はメジャーですからご存知でしょうが、薪ストーブで焼くとまさに石焼芋!!
アルミに包んで転がしておくだけ。頃合いを見て剥がしていただきます。
ゆっくり遠赤外線で焼くと、中まで熱々、すごく甘くなります。絶品です。

Cimg0898

Cimg0899

同じ様に焼きみかん。包んで転がしておくだけ。自分の好みはすっぱいみかんが良いですね。
熱々を剥きながら食べるんです。果汁に甘味が増えるといいますか、すごくバランスがよくなります。いくつも食べてしまいます。体もほかほかになりますよ。

焼きみかん専用器ちょっと欲しいですよね。でも製造中止になってます(泣)
どこかに売ってないかな?

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

薪ストーブの温度を測る。

含水分計で薪の水分を計って、計る事の面白さに目覚めてしまいました(笑)
久しぶりに温度計を引っ張り出してきて、改めて店舗の薪ストーブの温度を測ってみました。

Dsc03512

本体は229度。取り付けてある温度計とは若干違うような・・・。でも20年近く使っている温度計なんで誤差も出るでしょう。あまり気にしません(笑)
それよりも後ろに写ってる「ヤカン」がかっこ悪い。昭和を思い起こさせるようなレトロな「ヤカン」。今時売ってるんかいな?と言われそうです。
他のユーザーさんのヤカンはお洒落でかっこえーのに・・・。

Dsc03513

気を取り直して、煙突の測定。本体から50cmほど上で測って185度。ふむふむ。

Dsc03514

そして90度曲がって144度。こんなもんでしょうか。

Dsc03515

注目は壁に入り込む2重煙突の温度。42度。半分以下の温度になります。

焚き始めてから時間があまり経っていないので、低めです。実際はもう少し上がると思います。

壁を貫通するのですから、当然可燃物に近くなります。低い温度に越した事はありません。改めて2重煙突の重要性を感じます。
ユーザーさんはほとんどご存知だと思いますが、一度測ってみるのもいいかもしれませんね。

今度は我が家の、空気の温度の流れを測ってみたいです。吹き抜けがあるんですが、どうにもスースーするんですよね。
なんか良い方法無いでしょうかね。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

捕獲檻破壊。

今日も良い天気でした。今年もあと半分。何かと忙しいです。

Dsc03502

Dsc03504

加治屋さんちで発見。ぐにゃりと曲がった捕獲の檻。
仕掛けた檻にイノシシが入っているのを発見。とどめを刺そうと思ったが、何も持っていない。
急いで帰って再び戻ったら、イノシシは逃走して居ません。残されたのはこの状態の檻。
すごい力です。かなり太い鉄筋ですよ。必死で逃げようと突っ込んだのでしょうか。
イノシシって猫みたいに、顔だけ通ればすり抜けるんかな?
ちょっと疑問です。

Dsc03486

今日も自分ちの捕獲檻を見てきましたが、足跡さえありません(泣)
全然来てませんね。あれほど毎晩居たのに何処に行ってしまったのかな?
うちのは鉄筋がそんなに太くないですけど大丈夫かな?

まずは入ってからの心配ですけどね(笑)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

薪ストーブツアー。

ちょっと遅くなりましたが、先日行われた薪ストーブツアーのお話です。
訪問先はサルシカ隊隊長、まさやん、もりやん、そして私であります。
訪問といっても、仕事都合で自分は最後の自宅だけの参加になりましたが。

でもすでに隊長、まさやん宅のストーブは過去に拝見済みであります。
もりやん宅も次の日にちゃっかりお邪魔しております。
その様子はまた後日に。

すっかり日も暮れて、田舎の狭い道を上がって来て頂きましたが、いきなりの訪問に
番犬のマメ太は吠えもせず、ただウロウロと動き回っておりました(笑)

Dsc03490

皆さんヨツールの大型モデル、我が家はモルソー1620、当時(10年ほど前)はかなりの大型だったと記憶しているんですが、一気に変わってしまいました。
CB(クリーンバーン)なんてものは何もなく、ただ熱の遮断に板が入ったシンプルなストーブです。
見た目もただの箱。(笑)もりやん宅のストーブを見て帰ってきてからつくづく思いました。
唯一豪華?なのは側面の鳩のレリーフ(笑) でもこのシンプルストーブ気に入ってます。

Dsc03491

「隊長、薪を入れてくれません?」なんて言って薪を投入までお願いしてしまいました(隊長すんません)

同じ趣味を持つ人たちが集まって、同じ話題で盛り上がるっていいじゃないですか。
年も関係なく話し合えるのは同じ趣味を持つ人たちの特権ですね。
本格的なシーズン突入です。これからまた新しい薪ストーブユーザーに会えるのが楽しみです。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

スチールチエンソーキャンペーン第2弾。

Stihl                                                              

Why pay MORE?  いきなり英語です。

意味はと言いますと「なぜさらに支払いますか?」 翻訳ソフトより

スチールチエンソーキャンペーン第2弾になります。
円高還元セールとでも言いましょうか。とにかくお安く手に入れるチャンスです。

機種はMS240 45cmバーとMS260 45cmバーの2機種となります。
MS240は41.6cm3の排気量を持ち、薪ストーブユーザーにも人気の機種です。
自分はゼノアの37を使っていますが、ケヤキなどの堅い雑木を切るときにはパワー不足を感じます。そんな時にもう少し大きいのがあればと思ってしまいます。お客さんの修理機を何度か触ってますがバランスよくてこれはいいです!!。

今回のキャンペーンの価格は、はっきり言って売る方も「えっ、いいの?」と思ってしまいます(笑)
メールか、お電話を頂ければ販売価格をお知らせ致します。但し、発送は致しません。
ご注文頂いてから実際に店舗に来て頂き、試運転をしてから手渡しで販売とさせていただきます。
勝手ながらご了承願います。

そしてお知らせですが来年の1月31日(土曜)2月1日(日曜)の2日間。当店にてチエンソー、草刈機無料整備会&下取りセールを開催致します。(雨天決行)
スチール、ゼノア、ハスク他どのメーカーでも目立て、修理、整備無料でさせて頂きます。
ただし修理等に部品が必要な場合は、部品代のみ有料となります。
さらに古いチエンソーを下取りにして頂き、1万円の値引きも当日のみ行います。
メーカーより整備士が来ますので、敏速丁寧にさせて頂きますが当日混雑した場合にはお待ちいただく場合がありますのでご了承下さい。

当日はゼノア、スチール製品をズラッと展示いたします。普段見たことの無いようなプロ機も見て頂ける事と思います。
薪割り機の実演、他いろんな企画を用意しております。
「チエンソー調子いいから」なんて方も、遠い田舎ですがドライブがてらぜひ遊びに来てください。(笑)
ご来店お待ちしております。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお