グラウンドで修理。

ストーブを焚きたいほどに寒かった日々も、ようやく過ぎ去ったようです。
連休中は暖かい日がやってきそうで、遅れていた新茶も一気に始まります。

暖かくなれば田植えも始まり、野菜作りも始まり、農機が動き出します。

しばらく使ってなかった農機が調子が悪いと修理依頼のTELが入りました。
現場は地元の小学校です。小学校?  田舎の小学校は授業で野菜作りをするんです。
街の小学校はどうなんでしょう。なんにせよ口に入る物を自分たちで作るなんて貴重な体験です。どんどんやって頂きたい。

職員室に農機の場所を聞きに入って行きました。何故か緊張します(笑)

Dsc03945

向かった先はグラウンドの隅。調子の悪い様子をメモに書いて置いてくれています。
さっそく修理開始。途中、「キーンコーンカーンコーン」チャイムの音。授業終了でしょうか。
なにやら懐かしい感じです。

この学校は自分の行っていた学校ではありませんが、生徒数はとても少なく複式学級です。統合も決まり閉校になります。

子供が少ない、学校が無くなる。自分たちが小学校の頃は予想もしませんでした。
離れ島の出来事かと思っていましたが、現実的に田舎からどんどん人が居なくなっていきます。

10年後、この地域に学校はいくつ残っているんでしょう。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

田舎の農業機械事情 2台目

朝から良く降りました。これで田植えの水も一安心でしょう。おまけに川の水も増えてあまごもいい条件になってきます。
釣りに行きたいけど、連休が終わって田植えが済んでお茶刈が済んでからでしょうね。(泣)

久しぶりの更新になってしまいました。忙しいシーズン突入です。しばらくは間が開くかもしれません。

前回好評を頂きました、「農業機械事情」調子に乗ってさっそく第2弾です。

Dsc03922

こちらをご存知でしょうか。稲の苗です。モミを発芽させて10cmほどに伸ばし、田んぼに植える前の状態です。

全国的にこの状態で田んぼに植えるのが大半だと思います。田植え機という機械もこの状態の苗を植えるのに適した機械になっています。田植え機の苗を植えていく様子はまた後日に紹介します。

この状態の苗を作る方法を今回はご紹介します。 背景がめちゃ田舎臭くてすみません。トタン板・・・。

Dsc03920

写真の機械は、ばら撒きと書いてますがコレ1台でモミ、土、水を入れることが出来ます。
これは我が家の機械でずいぶん古いものですから、最新の機械とは形等、違うかもしれませんが機能としては同じものだと思います。

朝の5時半に始まりました、この作業。仕事に行く前に終わらせる為に大忙し。写真も撮らなくては。カメラを構えるのも、次々流れてくる苗箱を受け取るのに大慌てです(笑)

まずは苗箱に土を敷きます。写真にはありませんが、モミを撒く前に全部入れて置きます。

Dsc03923

土の入った苗箱をレールにセット。モーターで動いていきます。箱の中にはモミが入っており回転によって下に均等に落ちていきます。そこに流れてきた土入り苗箱にモミが撒かれていきます。
その後水道につながれたパイプから、シャワー状態で水をかけて一旦積んでおきます。

Dsc03926

モミをすべて入れ終わってから、今度は箱の中に土を入れます。そしてまた同じようにモミの入った苗箱を流していって土を上から掛けて出来上がり!!

かなり短時間で出来ますが、腰が痛い(笑)
モミがうまく落ちるように、水気を切ったり土も乾燥していないと詰まったり。

でもかなり減りましたね。この作業をやっている農家さんは。
苗を購入すると、一枚700円ぐらい?もっとするんでしょうか。モミを撒き終わっても発芽させる為に他に機械も要りますし、手間も掛かります。コストは上がっても持ってきてもらってすぐに田植えが出来るほうが楽ですからね。

お米を収穫するにはたくさんの機械が必要です。全部揃えて行くのも大変な出費です。でも安心なお米を食べたいという気持ちで続けているんです。改めてたくさんの機械が必要だなっと思ってます。全部紹介したら、ネタに困らんぞと(笑)

イタチの奴、どこいったんや!!。全然捕まらん。ネズミ捕りもいくつもセットしたのに(笑)
今日は臭わんな?引越しか。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

飯高に直売所 近日オープン。

結構降りましたね。これで田んぼに使う水もまかなえるでしょうか。でも今の時期は山の木が水を吸い上げる時期です。水がたくさん要る時期はこれからです。どんどん降ってもらわないと。

農業新聞を読んでいましたら、全国的に野菜等の直売所が非常に活気があると記事で出ていました。
地産地消に関心が高まっています。遠いところから運んで来るのではなく、地元で採れたものを消費する。ロスも少なく良い事ずくめではないでしょうか。

そんな背景の中、直売所がオープンします。
場所は飯高町、七日市地区。以前ご紹介しましたが、5月の2日(土)いよいよオープンです。

Dsc03915

新聞折込予定の原版です。
連休真っ只中、おそらくすごい人でしょう。野菜はもちろん、海産物も並ぶようです。

Dsc03917

なんといっても安心安全な作り手の顔の見える野菜達。

行きたいんですけど・・。多分その頃は田んぼで泥にまみれて仕事してるんでしょうね。
このブログを見て頂いた方、ぜひとも行ってみてください。ドライブがてら新緑の飯高町も楽しめると思います。

帰りは飯高の湯でひとっ風呂あびて、飯南町で新茶を飲むと(笑)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお


販売所の場所です

マメ太の注射。

ぽかぽかと暖かい一日でした。山から流れ出す水を使っての米作りをする田舎としては、もう少し雨が降って欲しいところです。

10年以上ぶりに我が家の番犬「マメ太」の注射に行ってきました。
うちのマメ太、どうやら興奮するとウンチをする癖があるらしく、最初の頃注射に連れて行った時に他の犬に興奮したのか、獣医さんの前でブリブリやってくれました(食事中の方すみません)

皆が見ている中、「うわ、どうしよ!!」と思っていた矢先、獣医さんも慣れているみたいで、サッとすくい上げ袋に入れました。

ほっと一安心と思っていたら「はい、コレ」とホカホカの奴を袋ごと自分にくれました。
持って帰れということですね。

それ以来連れて行かなくなった私ですが、今回は家族の者がどうしても都合が付かず、仕方なく10年以上ぶりに連れて行ったわけです。

Dsc03904

こんなハガキが来るんですね。生年月日まで載ってます。もう14年になるんですね。

さて久しぶりにKトラに乗せて会場に行きます。走り出すとめったに車に乗らないマメ太はウロウロとKトラの荷台で動き回っています。でもいきなり座って顔が真剣になったぞ。嫌な予感・・・。

やってくれました(泣) ホカホカな奴が荷台に・・。おまけにオシッコまで。この前新調した工具セットを乗せていたんですが、あやうく難を逃れました。
降りてからもKトラのタイヤにオシッコをかけやがった・・・。とほほ・・・・。もう行かんぞ。

一瞬で注射も終わり、連れて帰ると何事も無かったように小屋に入るマメ太でした。

Cimg0828_2

お気に入りの鉢入りマメ太です。最近TVで紹介して頂いてちょっと人気のマメ太ですが、これでもう14歳。おじいさんです。飼い主に似て童顔のようです(笑)
何が気に入っているのか、しょっちゅう入ってます。眺めがいいんでしょうか。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

田舎の農業機械事情。

雨で、一気にお茶の芽が飛び出してきました。連休中にはおそらく新茶が飲めるでしょう。この時期に飯南町(粥見周辺)を通ると、新茶を加工している香りが漂ってきます。
なにか落ち着くいい香り。飯南に来て頂くにはお勧めのシーズンです。

今日はまた、飯高町。田植えを前にトラクターが田んぼを動き回っています。

田舎の農業はどんな機械を使うのか?機械屋の私が、販売している機械をどんな目的でどんな使い方をするのか、農機を全く見たことの無い人でも「へーすごいな」と言って頂ける様なご紹介をしていきたいと思います。
できればシリーズ化をしていきたいなと思ってます。

まずはトラクターはご存知でしょうか。田んぼの土を起こす農機です。(さすがに分かりますよね。馬鹿にするなと・・言われる気がします(汗)

車のように乗って運転をします。ハンドルも付いてます。昔は牛で田んぼを起こしそれから機械になって歩いて耕す耕運機を使い、今は田舎でもほとんどトラクターになっています。

さてそのトラクターですが、土を起こすだけではありません。いろんなアタッチメントを取り付けて他の作業が出来るようになっているんです。

Dsc03895

今回ご紹介するのは「あぜ塗り機」です。あぜとはなにか?田んぼと田んぼの境と書いてありますが、要は囲いの名称でしょうか。コンクリートで作ってあるのがコンクリあぜ、土で作ってあるのが土あぜと呼んでます。
土あぜに使う機械が「あぜ塗り機」なんですが、塗ることによって水を入れた際に漏れにくくなったりするので大体皆さんやってます。
これを昔は鍬を持って土を塗って、叩いて塗ってと大変な作業でした。

Dsc03893

Dsc03897

どうですか。あっとゆうまに立派な土の壁が出来て行きます。ぎゅっと押さえて硬い塗りあぜの完成です。手ではこんな風には行きません。考えた人すごい(笑)

昔ながらの手作業を楽にする為に、考え抜かれた農機がまだまだ沢山あります。
実際に販売していて面白いなーと思うこともしばしば。
これからもご紹介していきたいと思います。

ところでイタチの方ですが、ネズミ捕りの粘着タイプにトカゲが・・・。あんたじゃない!!

これをエサに来ないかなとそのまま状態。今日も匂います・・・・・。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

遠方からのお客様。

本日は朝から雨。予報どおりです。サルの電気網設置工事が明日に延期です。
事務仕事をして、ちょっと外回り。田植えシーズン前のちょっとゆっくりかな。

先日の日曜日、ブログを見て頂いているCGTBさんがご来店して頂きました。
なんと豊田市から!! 遠いところありがとうございます
(o^-^o)
しかし、当店は「土日もやってます」 宣言しているにもかかわらず、用事でお休みしてました(汗) これからは出てますので・・・お許しを。

でも携帯で連絡が付いて間に合いました。せっかく来て頂いたのにそのままお帰り頂いては申し訳ないですもんね。

Imgp9852_2

そしてなんとスチールチエンソーもお世話になり、薪ストーブの話から(ユーザーさんです) サルシカ隊の話、当店の侵入者にっくきイタチの話、時間も少なくて残念でしたけど色々させて頂きました。
おまけに店舗前で写真まで撮って頂きました。ありがたく使わせて頂きます(笑)

今更ながらネットの力はすごいなと思います。地元で仕事しているだけでは会うことも無かった方と知り合いになり、お客様になって頂くなんて、始める前は想像も出来ませんでした。
これからも永いお付き合いが出来ればと思っております。

さてさて、その後のイタチですが朝から気配を感じ、穴を見ていると出てきました、イタチの奴!!。まだおったんかー。勘弁してくれ(泣) くっさいわー。
最近居らんと思ったら、帰ってくんな。なんか前より大きなっとるんちゃう?
そんなに急に大きなるわけないし、もしかして別の奴かも。しっぽがやけに長かったような。最悪や・・・・。イタチのアパートになってしもたかも。

Dsc03887

こうなったら生け捕りではあかん。ねずみ取りのくっつくのに変更。入り口付近に置きましたがくっついまま逃げるかも。でも恐怖を感じて来なければOK.です。
その後、入り口をセメントで塞ぐつもりです(活用させて頂きますからね CGTBさん)
これでどうかな。また報告します。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

娯楽の殿堂

暖かいというより、暑い1日でした。こないだまで薪ストーブを焚いていたと思いきや、体が変化についていきません(笑)

Dsc03881

またまた飯高町に行っておりました。いつも通る国道沿いの外気温の温度計が25度と表示しておりました。(写ってませんね。すんません)  暑い\(*`∧´)/、自販機で買うコーヒーもホットは飲まなくなりました。

Dsc03885

娯楽の殿堂 富士ホール なんか昭和を感じさせるパチンコ店です。
いつも気になっていたんで思わずパチリ。これも飯高町にあります。
もう営業してません(笑)いつの頃に出来たのか、いつまで営業していたのか気になります。
こんなとこにもあったんですね、パチンコ屋が。田舎の少ない娯楽だったんでしょうか。
まだまだ林業が盛んで、活気のあった時代に雨で山に仕事に行けない時にパチンコ屋に遊びに行く   なんか想像してしまいます。今みたいに忙しく日々が動いていくのではなくのんびりとした時代だったんだろうなと。

こんなパチンコ店も、昔は全国にいっぱいあったのだろうと思いますが、建物がこうやって残っているのも貴重かなと思ってます。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

空を飛ぶ雑木。

春らしいポカポカ陽気が続きます。ストーブも出番が少なくなってきました。そろそろ玉切りした雑木を割らなくてはいけなくなって来ました。(;;;´Д`)ゝ

Dsc03866

久しぶりに見た気がします。木を組んで支えにしてワイヤーを張る。林道も無いような奥の山から木を出す手段です。

遠くに見える伐採した現場から、ワイヤーに木をぶら下げてそのワイヤーを巻き上げていくと空中を木が移動してきます。滑車を活用してクネクネと曲がった現場でもうまく木を出すことが出来ます。
最近は林道を作り、車が入っていくようにしているので見ることが少なくなってきました。
山を荒さない手段としては、この方法がいいのでしょうが手間が掛かるのか目にすることも少ないです。こんな大きな設置は久しぶりに見ました。

Dsc03871

どんな木を運んでいるのかと、見たところ なんと雑木!!。
しい、ホソ、樫!! 欲しい!!(笑)
どんな目的に使用されるのか気になるところですが、まだまだ山深い所にはごろごろと雑木が残っています。設置する技術もないし自分たちには無理な方法なんですけど・・。

この方法なら前の現場も運べたんですけどねー(笑) 

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

新茶の芽が少し

やっとポカポカと暖かい一日でした。でもいきなり、またくしゃみ連発。最近は調子よかったのに・・。
ヒノキか今度は?

最近まで朝の寒いこと。冬の寒さとはまた違った寒さで、嫌ですね。
店に来ると、ブーン、ブーンと辺りからしてきます。鳥か?虫か? 扇風機でした(笑)

Dsc03853

店の周辺はお茶畑が広がっています。畑の中に立つ扇風機、何本も建てられて、初めて見る人には不思議な光景に写るかも。

これは霜よけのファンです。この時期、急な冷え込みで霜が降りるときがあります。茶畑は春に向けて新芽を出し始めたところです。そんな状態に霜が降りれば、新芽がやられ出なくなってしまうんです。それを防ぐために扇風機で風を送り、霜を防いでいるんですね。

暖かくなってもまだまだ安心は出来ません。一夜にして収穫間近の新芽がダメになることも多いんです。

Dsc03864

Dsc03865

まだまだ小さいですが新芽が出てきてます。飯南町は深蒸煎茶の名産地です。
立春から数えて88日目の日、八十八夜は5月1,2日頃。その頃には香りの良い新茶を飲めるでしょうか。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

原木椎茸現場。

ぽかぽかした1日でした。春がようやくやってきましたね。

朝お客さんから電話で運搬車が調子悪いので、修理に来てくれと連絡がありました。
さっそくKトラを走らせ現場に行きました。今は一昨年、菌を打ち込んだ原木を適した場所に積んでいる最中です。

Dsc03859

Dsc03860

原木を運ぶ運搬車が動かなくては仕事になりません。
この原木はかなり離れた場所から切り出されたものです。切っている最中にお邪魔したのでよく覚えてます。

栽培農家さんは70代。コツコツと運んで積んでと失礼ながら、とても地味な仕事ですが食べてみるとこの仕事の凄さがよく分かります。
でもこれほど手間を掛けて栽培している椎茸も今シーズン、ほとんどが猿の被害にあって収穫がありませんでした。
話を聞いていても全くつらいです。張り合いがないし生活も成り立たない。

健康にもよく食べて美味しい食材としても、残していって欲しい原木椎茸ですが、現在栽培農家は激減しています。
山間地で栽培するために、害獣の被害をなんとかできないのでしょうか。

それさえなければ良い仕事なんですけどね。困ったものです

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお