ゴムキャタ花壇、春の花

明日から4月、なのにこないだは雪が積もったしおっかしいな?最近。

春の花を買ってきました。景気が悪いけど、しぼんでいても始まりません。
店の入り口だけでも華やかにしたいなと。

Dscf0238

前に作ったゴムキャタ花壇をもうひとつ作りました。その辺に転がっていたゴムキャタ、土を入れたら立派な花壇です。

2段になって何やら迫力が出た気がします。

Dscf0241

花壇の横に自宅から持って来た、木のベンチを置いてみました。
おまけにテーブル。くつろぎスペースを演出してみました。背後のホースやらゴミは無視してください。(笑)

暖かい日差しの中お客さんが、ベンチに座ってゆっくり話が出来たらいいかも。

名産深蒸し煎茶を振舞いますよ。ぜひどうぞ。

Dscf0245

第一号として自分で休憩がてら座ってみました。
うーん、いいぞこれ。ゆったりとくつろげます。

案の定、うとうと・・・・夢の中。

リリリーーーン」いきなり甲高い店舗の電話で起こされました。 眠りをさそうベンチです。(笑)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

薪ストーブ設置のお手伝い、本体導入編

雪降ってます・・・・。昨日薪の配達に行ってきましたけど、薪棚には何も無く・・・。待ってましたという感じでしょうか(笑)

Dscf0188

ヨツールF500大型モデルです。知り合いのユーザーさんも使っている人が非常に多いです。
うちのモルソーはほとんど見ない・・・(泣)

Dscf0189

重いですわF500。200k近くあるんじゃないのかな。
前にお手伝いしたときに2階に上げた事があって、上げ終わってしばらく動けなかった記憶がよみがえりました。

Dscf0192

出来る限りバラします。ちょっとでも軽く、減量です(笑)
でも今回は大工さんも手伝ってくれて4人、楽々です。

Dscf0198

Dscf0208

立派なレンガの土台に置いて、まっすぐに計りながら、きっちりと仕上げていきます。

Dscf0219

設置完了です。レンガとの雰囲気もばっちり合って良い感じです。

Dscf0221

吹き抜けの天井にもファンが付いて暖気をうまく循環できるでしょう。

Dscf0233

最初の試し焚き。ちょうどNさんも居られたので、使い方を説明しながら炎を見てもらいました。
「いいなー」 ふっと奥さんから飛び出した言葉。そうなんです、良いんです(笑)
この炎を見るために、せっせと薪集めに皆励むんです。(笑)

うちも今、集めた雑木を切っている最中。玉切りして割って、乾燥させるまでの長い道のり。
でも出来上がった薪を放り込んで、炎を見ると苦労が吹っ飛ぶというかなんというか。
灯油には無い楽しみ方ですね、これは。

これから長いお付き合いになると思いますが、薪集めもお誘いしますので薪ストーブ生活を楽しんでいってくださいね、Nさん。
料理の楽しみも増えますよ、うちの18番「転がしミカン焼き」もぜひお試し下さい(笑)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

薪ストーブ設置のお手伝い

ずーっと降ってますね。明日からは良いみたいですけど、困りますわ。

縁あって町内のNさん宅に薪ストーブをお世話させていただく事に。
設置工事をするのではありませんが、お手伝いをと言う事で(運んだだけでしたが・・・・)

Dscf0146

新築の屋根にどどーんと立っております煙突。サンタが入る煙突です(笑)
これに憧れておりましたが、我が家では予算的にボツ(泣)。掃除も楽だし、雨仕舞いもやりやすいので良いですよ。

Dscf0148

煙突の上に被せる陣笠 角ルーバーという部材です。近くで見るとデカイ、そして重い。持って行くのが一苦労。

Dscf0152

業者さんの手によって難なく設置。立派ですねー。

Dscf0154

足場があるので登っていくのも楽です。屋根の勾配がけっこう急なんで足場無しではきついですよね。

Dscf0156

今度は室内、2重煙突を天井から下ろしてきます。吹き抜けの部分に設置なので、またまた足場登場、安心して作業できます。

Dscf0158

途中まで出来上がりです。煙突の固定金具を取り付けてしっかりと支えます。

この日はここまで。ストーブ本体は後日の設置です。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

神社の境内を掃除

3連休も終り、皆さん明日から仕事でしょうか。天気が明日からイマイチみたいです。釣りに行く予定なのに・・・・。

ちょっと前になりますが、近くに水屋神社という遠方から訪れる人も多いという、由緒ある神社の宮司さんから神社の落ち葉やゴミを吸える装置が欲しいと言って頂きました。

Dscf0150

Dscf0151

さっそくお持ちして試運転、装置はスチールのブロアーに取り付けたバキュームセット。

ブロアーで吹き飛ばして、バキュームで吸い取りが出来る優れもの。

広い境内を掃除するのも一苦労です。コレがあれば短時間で終えることが出来ます。
宮司さんお買い上げありがとうございました。

さてこの水屋神社、国道沿いにあってしょっちゅう前を通りますが中に入った事がありません。

なんとムササビが数匹神社の中で生活しているそうで、見学ツアーも開催されているようです。
数日前に木から落ちてきて、怪我をして今病院で治療中と教えてくれました。

宮司さんが自分のブログに写真を掲載してくれました。
巨木の前で記念撮影です。訪れた人を撮って紹介されているとの事です。

またゆっくりと散策してみたい場所です。境内に入ると雰囲気もよく巨木からパワーをもらっている様な気がします。
巨木があちらこちらにありますので、巨木好き!?にはぜひ訪れて頂きたい場所であります。
目印は巨大な赤い桶です。国道沿いですぐにわかりますよ。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

芝生広場に配達。

ぽかぽかと春らしい一日でした。なぜか今年は花粉が全然楽です。うれしい!!皆もですか?少ないのでしょうか。

飯高駅の芝生広場に肥料を配達に行ってきました。

Dscf0171

今のシーズンは芝も色が変わって休眠中。温度が上がってきて、ご飯(肥料)を貰って緑色になり色鮮やかな芝生になってきます。

この広場は除草剤を使わずに手で雑草を抜いているとの事なので、芝生で寝転がってゴロゴロしても安心です。
これからのシーズン、弁当を持っていかがでしょうか。人工芝の滑り台もありますから、ダンボールを持参するのを忘れずに(大人もはまります(笑)

Dscf0173

前に持ってきた時は倉庫に一輪車が無く、ひとつずつKトラから持って往復してました。今回はありました(笑) 一気に運んで終了です。

Dscf0174

芝生広場の横に新設される保育園、かなり巨大です。

飯高町にいくつか在った保育園を統合してココに新設となりました。子供の数も全体として減っているんですね。将来はどうなっていくんでしょう。

明日から3連休、ばっちり仕事です(涙) しかし連休明けにアマゴ釣りに行こうとひそかに思ってます。今年初釣行、楽しみしてがんばります。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

椎茸栽培は大変

寒かったり暑かったり変な気候です。薪も残りわずか。早く暖かくなって欲しいものです。

椎茸原木の菌を打つ作業が行われています。山の傾斜で1mほどに切ったホダ木に椎茸の菌をドリルで穴を開けて打ち込んでいきます。

Dscf0059

一斉に散らばった原木、壮観です。ええ薪や、欲しい!!(笑)
70代半ばのお客さんが3人ほどで作業してます。

先日、ドリルを動かす発電機が調子悪いので見に来てくれと連絡がありました。
行ってみると現場はココ。発電機は上の方・・・・。
たどり着くまでが大変でした(笑)

普段の運動不足が効いてます。現役の人はすごい!!体力が違います。

菌を打ち込んだホダ木は崩れぬように組み合わせて、菌が木に回るまで置かれます。
2年先でしたか確か、椎茸が出始めるのは。

毎年繰り返される作業、大変です。ようやく収穫を待っていた椎茸も、最近はサルの餌になってしまうし。
冬場の良い仕事なんですけど、やめていく人が多いですね。張り合いが無いですよね、サルの餌では。

Dscf0133

この方にもらった菌を打ち込んであった、ホダ木。見事に出て来ました。
昨年の秋に出始めて2回目、良い感じです。
夕飯の立派な一品になってくれます。ちなみにメニューは椎茸の肉詰めでした(笑)

秋も頼んだぞ!!椎茸達よ。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

ケヤキ、硬いー。

また降ってます。一雨ごとに暖かくなるんでしょうか。彼岸ももうすぐ、春はすぐそこです。

3月になって渓流も解禁しました。行きたくて仕方ないのですが、その前にやることがあります。
薪切りです、薪割りではありません(笑) 割る前に切らなくてはいけません。
冬に集めた雑木を玉切りにするんですが、一気に最初に切っておきます。
ひたすら切ります。時間の許す限り切り続けます。

その後しばらく寝かしてから? ひたすら割ります。

切るのも気合を入れなければ性格上始める事が出来ません。毎年この頃になるとそろそろかと重い腰を上げるんです。
今年は先日お客さんが「ケヤキ置いといたぞ」と連絡をくれたのを見に行って気合が入りました。

Dscf0080

なんと立派な柱でも取れそうなケヤキ。コレを見たら薪にしたくて堪らなくなりました(笑)
単純です。

Dscf0136

スチールを出してきて、切り始めます。チエンはピコデュロという切れ味が長持ちする新発売のチエンです。
先日からまさやんさんと雑木調達などでガンガン使ってましたが、一度も目立てしてません。

さて切れ味はといいますと、ケヤキはさすがに硬いですね。チエンソーも古い35クラスなんでゆっくりしか入っていきません。

でも切れ味は良いです。削りかすも大きい、削ってます。
全然研いでないのに切れる。うーん楽(笑)

Dscf0137

柱になるようなケヤキをブツブツと玉切りにしてしまいました。もったいないと言われそう。でも硬すぎて、途中で疲れました(笑)

続きは後日・・・・いつになるやら。

Dscf0139

道の脇にはつくしが生えてました。もう春なんですね。なんて感慨深げになっている場合ではありません、この冬に焚く、薪を今切っているなんて・・・。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

金コロカレー

やっと天気もよくなりました。
本日、ワタクシ滋賀に出張。遊びではありません(笑)

当店のような家族で営んでいる農機販売店の展示会を見に行っておりました。何事も勉強ですね。
年が同じ頃で考えも共通する部分もあって非常に共感できます。有意義な一日でした。

滋賀までは電車にゆられ、久々の一人旅?気分でしたが、行き帰り半分以上寝ていたような・・・・。

夕方松阪駅に着いた頃には腹が減り、食べて帰るかとココイチに久しぶりに寄ってみる事に。

何にするかな?とメニューを眺めていた時にテーブルにあったパンフに目が行きました。
Dscf0143

相可高校食物調理科コラボ!? ココイチのカレーと?

相可高校食物調理科ってご存知でしょうか。多気町にある県立高校ですが、ここ数年全国で開催される高校生による調理の大会で何度も優勝するなどニュース等でも盛んに出ています。

五桂池の近くにある「孫の店」 高校生による経営のレストランですが週末だけの営業でいつもお客さんで満杯の人気です。
何度か食事をしましたが、本当に高校生が作ったのかと思うほどにしっかりした味付け、素材の味を引き出していると思います。

多気のアジサイ祭り、飯南のふれあい祭りなどにも弁当が販売されすぐに売り切れるほどの人気です。

そんな相可高校食物調理科の作った「金コロカレー」とは、気になります(笑)
愛想の良いお兄さんの店員さんにも薦められ注文してしまいました。

Dscf0145

見た目は普通のコロッケ。普通です・・。さっそくコロッケから、カレーを付けずに食べてみました。
衣がさっくり、揚げたばかりでしょうか。中身は、うん?肉じゃがです。肉じゃがのコロッケですね。ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、肉そのまま入ってます。
ちょっと味が濃い目、カレーを付けて食べてみても負けていません。なるほど、合うかも。

これは良いです。和風料理の好きな方にはうれしいカレーかと。

金、土、日の一日50食限定、8月中までです。よろしければぜひ皆さんもどうぞ。松阪のパワーセンターのココイチでしか販売しておりませんのでご注意を。

しかし、やるなー高校生。鹿の肉や猪の肉で料理を考えてくれやんかなー?と思ってしまいます(笑)
材料は山にどっさり生息してます。お金になればもっと捕獲するようになって獣害も減るんじゃないかと。

数年先には乱獲で最近数が減ってしもて手に入らなくなったりして。そんな訳はないですか(笑)

肉も焼く、煮るだけでなくもっと工夫して調理すれば可能性もグッとあがるはず。いかがでしょう?相可高校食物調理科の方たち。

今日は休みで仕事がまた増えました。土日は仕事です・・・釣りに行きたい(涙)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

エビちゃん、来店。

ずーと雨・・・一日降ってます。出かけるのも嫌になるぐらいの雨、困ります。

Dscf0120

先日、当店のブログを見て来店して頂いたお客さんで、お名前が戎谷(エビスダニ)さん、皆からエビちゃんと呼ばれているそうです(笑)

Dscf0116

スチールのMS260を所有されていてパーツの注文に来られました。
戎谷さんは京都出身、現在大台町に住んでおり林業関係の仕事をされてます。

とにかく話し込んでしまうほどに話が面白い(失礼)、 興味が沸いてくる人です。

地元の人も敬遠する林業の仕事、決して楽ではありません。
そんな仕事をあえて選び、3年になるそうです。毎日が楽しいと話して頂きました。

そして動物が大好き、ヤマセミ(渓流に住む鳥)の事も話してくれました。ヤマセミは自分も好きな鳥なんで話合いますわ(笑)

一番好きなのが蛙だそうです。(これは駄目です、ワタクシ)
時間のある時は山に川にと動物、蛙を探して歩き回っているそうです。

Dscf0121

サルの生息地域の調査もしていたそうで地図を見せてもらって説明して頂きました。

海老蛙の田舎暮らし 

戎谷さんのブログもあります。ぜひご覧下さい。

いきなりですがサルシカ隊長、この方を取材して頂きたいです。
三重で頑張る若者として、後継者の絶えつつある林業を仕事として頑張っている若者としてぜひサルシカで紹介して頂きたいのです。
もちろんサルシカ隊員にも入って頂いて(笑)

面白い経験豊富な話が聞ける事、間違い無しです。
隊長、いかがでしょう?

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

鍛冶安 大徳 受賞!!

「鍛冶安 大徳君」 ご存知でしょうか?
当店の冬の整備会で初の試み「刃物研ぎます」 を開催してくれた地元の手作り刃物の鍛冶屋さんです。

なんと彼が今年の全国推奨観光土産品審査会の商工会連合会会長賞に輝きました。ヽ(´▽`)/

全国ですよ。すごくないですか?
中日新聞で今朝知りました。これはお祝いに行かねばとさっそく仕事場に。

おめでとう!! 朝から電話も数件あったようです。
本人は確かにうれしいけど、まだまだ使って喜んでもらえるような物を作っていかないとと前向きです。

Dscf0125

でもこれは自分が思うに、今回の受賞はかなり力になるんではと思います。
まだまだ少ないのではないかと思われる、手作り刃物を使いたいと思う顧客層。

地元、田舎だけでなく広く販売していかないといけないと思います。

名を売るという訳ではないのですが、知ってもらうという為にも大きい意味を持つのではないかと思ってます。

なんて少しまじめに書いてしまいました。(^-^;

田舎でがんばる若い職人が居るというのが非常にうれしいです。
彼にぜひオリジナル薪割りグッズを製作して頂きたい。そして当店で販売したい。

と数年前から頼んでおりますが、しかし・・・・彼も忙しい。実現は何時か?待ち遠しいです(笑)

Dscf0126

受賞作品のステンレスペーパーナイフです。もち手がグルグルと巻いてあって持ちやすい。面白い。

どんな物から作るのか見せてもらうと

Dscf0127

ステンレスの棒、これを叩いて叩いて伸ばして製作したそうです。手間がかかってそうです(汗)

詳しくは今日の中日新聞の松阪紀勢版に大きく載っています。ぜひご覧ください。

Dscf0128

話変わって(笑)彼の親父さんが最近飼い始めたひよこです。名前を忘れてしまいましたが(汗) 国産の原種の鶏だとか。

親父さんは最近農業に目覚め、それも普通の農業ではなく安心して食べれる本物を作りたいと、がんばっておられます。
こだわりを大切にする親子、これからも見続けて行きたいと思います。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお