細長い田んぼ。

朝からトラクター運んだり、うちの田んぼの苗つくりを手伝ったり、さっきまで薪割りやったり用事が色々あった一日でした。

連休はどうなるんだろうか?水もないから田植えも遅れそう・・お茶も全然新芽が出ていない・・新茶はかなり遅れそう。
意外と暇なのか、果たしてどうなる?

昨日は松阪で「森の中のマルシェ」に行ってきました。駐車場まで車がびっしり。昼ごろには芝生広場が人で一杯。第2回なのにすごいな。
どこでお知らせしてたんだろうか?関心の高さを感じました。
来ている人の服装がナチュラルだなって、自然志向って感じました。
山ガールってよく聞きます、釣りガールも最近聞きます。と来れば次は絶対アグリガールでしょう(笑)

災害から特に食に関して変わってきたと感じます。自給自足じゃないですけど、野菜作りに取り組んでみるのも良いかもしれませんよね。
おしゃれな農作業着、販売したいですよね。

こないだ月出に行ってきました。自分がかなり気に入っている集落です。
かなり奥の集落にもかかわらず、色んな取り組みをされていて元気です。

水がきれいでお米も最高の味。地域ブランドですよね。

石垣で囲まれたの田んぼの中に、こんな田んぼがあります。

Dscf1554

Dscf1551

幅はおよそ2m、長さは10mほどかな。トラクターが回れません(笑)
しかし、持ち主の方はずーっとこの手間にかかる田んぼでコメを栽培してきました。
こんな小さな田んぼのお米の方がおいしそうに感じるのは自分だけでしょうか?

Dscf1557

先祖の方がずーと昔、お米を作るために石を運びわずかな平らな部分を利用して田んぼを作りました。
日本では食料が余っている現代、不便な場所はどんどん荒廃していきます。
我が家の近所の深野棚田も近いうちに荒れていくでしょう。
「買ったらいいじゃないか。安いもんや」 確かにそうなんですけどね。お金じゃないような気もするんです。

Dscf1558

この田んぼの秋の様子もお知らせしたいと思ってます。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です