納品続く。

朝晩の寒さが季節の変化を感じさせますよね。そろそろ薪ストーブを思い出す頃になってきました。

先週の大安と今日の大安、めずらしく納品が続きましたので喜んでおりますo(*^▽^*)o。
どんな方がどんな農機を?ちょっと書いてみます。

Dscf2255

まずは先週納品のこちら。小型の畑用管理機です。
鍬の代わりに土を耕し、おまけに畦まで作ってくれるという優れもの。
最近の自家用野菜作りのブームにより人気が高いです。

自宅の裏に畑があって以前から自家用野菜を作っていたそうです。
前の農機が永年使って調子が悪くなったという事でご注文して頂きました。

Dscf2256

畑で見守るのは娘さん。お父さんが試運転で操作されるのを熱心に見ています。
こちらの説明もしっかり聞いてくれて使い方はばっちりです。後は馴れでしょうか。

近くに畑があるのだから安心な野菜を作りたい。そんな方が増えているようです。
最近の管理機は女性でも楽々始動できるようになってますし、操作も簡単です。

仕事も忙しいかと思いますが、休日にちょっと手を掛ければ家族分ぐらいは収穫できるでしょう。なによりも安心です。

続きましては本日の納品、小型のトラクターです。
トラクターというのは乗って耕耘する農機ですね。主に田んぼで使います。

Dscf2263

面積も少ないので小型モデルをチョイス。
前の機械も30年近く使用されていて、故障も多くなってきたので更新となりました。

Dscf2264

お客さんは年齢も高めですが、息子さんが近くに住んでます。
農作業も手伝いに来るとの事。

「新しなったし、息子も喜ぶやろ」そう言ってました。

最近の傾向としては、農地を荒らさずに管理して行く為の機械を準備しておくといった購入もありますね。

維持管理も農機無しでは無理です。
大手に依頼するにも手間が掛かりすぎる田舎の農地は敬遠されがちです。

将来、農地を管理して行く為にはどんな方法があるんでしょうか。
難しい問題ですね。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

シカの楽園化

しとしと降ってます。秋の長雨ってやつでしょうか。困りますね。

たまげたお話をひとつ。

Dscf2105

写真に写るはおなじみのシカ達。5匹は居たでしょうか。
場所は飯高町の高見峠の近くの集落でした。初めて行ったのですが、数件家があるのみのかなりの奥地でカーブを曲がった時にパッと視界に現れました。

Dscf2107

シカ除けの笛を搭載しているおかげか(笑)飛び出してくることも無く、しばらく立ち止まってこっちを見るお決まりのポーズ。

車を走らせると向こうも一気に走りだし、山の中に逃げ込んでいきました。

ここまでは田舎の日常の光景(違うかな?でも最近家に帰る時には頻繁に遭遇するので珍しくもなくなって来てます)でした。

これがひと月ほど前で、数日前びっくりしたのお話を。

場所は松阪市大石町、市街にも近くなってきて民家もかなり多い場所です。

写真撮ってないですが、山からは数キロ離れている畑の倉庫で修理をしてました。
修理を終えていきなり「ガサガサ!!」と聞こえます。

鳥か!?と思って振り返った瞬間、大きなシカが飛び出してきました。
畑をあさりに来たんでしょうが、一気に山の方に走り去っていきました。
時刻はお昼前。

周りは田んぼがあって道路も走ってます。家もたくさんあります。稲刈りを終えたばかりの田んぼの間を歩いてきたんでしょうか。
びっくりした訳は誰にも会わずに、山からこんなに離れた場所まで来ているという事。

会えばすぐに逃げますよね。でも真昼間に畑や田んぼに誰も居ないというのに少々ショックを感じました。
道も歩いていない訳ですよ、誰も。実際車で走っていても皆さん外に出ていない。
初めて行く方の家を聞くのに最近は苦労する時があります。以前は道端で歩いている人に聞けたんですが、最近はやたら少ない気がします。
何処にいるのかな?家に閉じこもっているんでしょうか。

平日の田舎は若い人が歩いているのはまず目にしませんが、お年寄りでさえ外に出なくなってきているんでしょうか。
ちょっとたまげたお話でした(笑)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

稲刈りの後は。

台風も過ぎ去り今日の朝の寒さはどうなん?変化が激しすぎます。

どうやら稲刈りも終了ですか。今年はどこもかしこも倒れまくりで難儀しました。
近いうちに今年の稲刈りの様子を書きたいと思ってますが。

ところで稲刈りって誰でも知ってますよね。稲穂を機械で刈り取る事です。でもその後ってどうなるか知ってますか?
もみ殻に包まれた中にお米が入っているんですが(知ってるわ、そんなんと言われそうですが・・・(笑)
もみ殻を剥くのってどうするか知ってますか。硬いもみ殻、もちろん手では無理です。量もすごいです。

ちょうど、その現場に修理に行ってきたので写真を撮ってきました。

モミをコンバインで収穫した後、まずは乾燥させます。含水分率を大体14%あたりに仕上げます。今年は長雨で水分の多いモミが多くて、乾燥に時間が掛かりました。
長期保存には水分を抜かないとカビが生えて米がダメになりますからね。

Dscf2249

これが乾燥機です。大体13俵ほどのモミが入ります。ここにモミを入れて乾燥するわけですが、燃料は灯油を使います。
一晩で一気に乾燥させるために昔のお日様に変わって、火を使います。

Dscf2245

いまいちうまく撮れてませんが、底に降りたモミを上にあげて来て拡散させながら乾かしている様子です。上から舞っている所ですね。

Dscf2248

こんな感じで水分を見ながら乾燥をさせるわけです。最近は自動で設定水分を決めておけば勝手に調整して止まりますけどね。

Dscf2250

これがモミを剥く機械の場所です。もちろん乾燥機とは別の機械です。
ロールと呼ばれてますが丸く白い部分がゴムで出来ていて、左右の丸いロールの合わせ目、くぼんだ部分を上から落ちてきたモミが流れて行きます。

巻き込む力で入り込んだモミを左右のロールの回転数の違いでモミ殻を剥ぐ訳です。この隙間を通るだけでモミの殻が一瞬で剥けて行きます。
その時に剥けなかったモミは再度戻されてここを通過します。

能力は大きさ様々ですが田舎の機械は1時間で4俵分ぐらいの処理能力が多いでしょうか。

すべて昔は手によって行われていた作業です。
農業機械って知恵の結晶だなと思いますね。作業効率が上がってここまで作業時間を短縮できたわけですから。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

色んな乗り物で来て頂きます。

連休も終わりホッとしましたが・・・あと3日でまた連休か・・やめておくれ(`ε´)

先日お客さんが寄ってくれて格好にオヤ?どなた(笑)

全身をタイツに包まれて・・・と書くと変ですが、趣味がロードバイクの方でして166号線を走りに来られた途中に寄って頂きました。
写真は恥ずかしいという事で自転車を撮らせてもらいました。

Dscf2187

かっこいいですねー。実は欲しいんですけどMTBで我慢します。
めちゃくちゃ軽いですよ。

Dscf2188

この細いタイヤどうなん?パンクするよね、しないのかな?

Dscf2189

シャフトはカーボンだそうです。自分の持ってる渓流竿と模様が一緒。軽さにはカーボンですか。なるほど。

この方は薪ストーブユーザーでして、最近来て頂くようになりました。

近年うちのお店に来て頂く方の乗り物も変化しました。
でっかい4WD、ワゴン、アメ車、ポルシェもいたかな?2輪はハーレー、でっかいスクーター(名前分かりません(笑)、自転車等々。

親父がやってた頃の定番のKトラ&お爺さんとお婆さんから明らかに変化してます(笑)

薪ストーブユーザーの方が寄って頂くのも増えたのも一つだと思いますが、野菜作りや農作業をされる方の年代が変わってきてるのも感じます。

乗れないけど見るのは大好きなんで、ぜひとも皆様色んな乗り物でご来店ください。

掲載OKの方はどんどんご紹介致しますよ。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

かーこさんと稲刈りどうですか?

またまた雨模様・・・しばらく続きそうです。

かーこさん、覚えておられますか?
今年の5月に田んぼデビューしました、同級生の女性です。

早4か月、かーこさんの田んぼも実りの季節を迎えました。
極力農薬を使わずに栽培してきましたが、遅く植えたのが良かったのか見た限りでは立派に実ってます(笑)

Dscf2222

手で植えたのですからお約束で手で刈りますよね、もちろん(笑)。
手で刈ってはざ掛けして昔ながらの稲刈りをする事になりました。

でもさすがに一人では無理がありますよね。腰は痛いし、手も辛い。女性には大変です。

そこで秋の一日、棚田で稲刈り体験いかがでしょうか(笑)
日にちは10月2日(日曜) 雨天順延

Dscf2223

親子連れ、単独どなたでもOK。稲刈りを楽しみたいという方大募集です。

棚田のお米のおにぎりをお昼に準備させて頂きます。
おかずだけお持ちください(笑)

ご参加いただける方はメールにてお知らせください。
集合場所等詳しく連絡させて頂きます。前日、当日朝でも大丈夫ですよ。

周りは石垣の棚田です。景色を楽しみながら汗を流して頂くのも一つの経験になると思います。
ご参加お待ちしてます。

メールアドレスはブログ内のメールを送信 からお願いします。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

うちの稲刈り

残暑厳しい今日、我が家の稲刈りです。

明後日からまた天気が悪い予報。予定よりも早めです。

うちの田んぼは棚田です。いかがでしょう、この景色。

Dscf2197

Dscf2199

数百年前に石と土、砂のみで造られた人工物。最高傑作ではないでしょうか。
コンクリートよりもはるかに丈夫。知恵ってすごいですよね。

青空の下、コンバインで刈っていきます。周辺はほぼ終了、修理依頼も少ないのですが急な呼び出しに備えて少々慌ててます。

Dscf2207

上の田んぼには親父がもう1台のコンバインで刈ってます。反別が少ないのに枚数が多い田舎の田んぼ。効率よく刈らないと今日中に終わりません。

ちょうど下取り機が入って来たので、様子を見がてら2台体制で刈りました。
来年までには中古機で販売して新しい持ち主さんの田んぼで活躍して頂きたいですね。

昼からも修理をこなしてから稲刈り再開。
昼前に此処に寄りました。

Dscf2211

買ったのはもちろん、草餅です。

Dscf2221

ちょっと昔に稲刈りの休憩時間にお茶と一緒に食べた記憶が残ってます。
疲れた体に甘い草餅で気合を入れ直して作業を続けたんですよね。

ゆっくりとはできませんでしたが、川の近くで一服です。

少し残りましたが親父にまかせ、店に戻ってきました。
今年のお米は皆さんと同じように被害を受けて良くないですね。

主食が一日で収穫できる。何とも楽な時代です。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

傘は誰が欲しがる?

日曜夕方、電話も鳴らなくなりました。どうやらピークも過ぎたようです。

周りを見渡せば刈ったばかりの田んぼがほとんどになってきました。後は遅い品種でしょうか。来週にぼちぼちと刈っていくでしょう。

少し時間も空いたので、久しぶりに更新です。

お題はうーん?どうするかと考えましたら、こないだ届いたのがまとめて注文が入ったmabuの傘。

Dscf2180

色んなカラーで入荷しました。販売したのがうちの嫁さん(笑)

知り合いの方の仕事場に差して行ったのが始まりで、「他の人にも聞いてみるわ」と話が広まってドドーンと本数がまとまりました。

Dscf2182

元々売るために差して行ったわけではないのですが、たまたま目に入って気に入って頂いたみたいでした。

Dscf2116

数年前から店舗に置いてますが、ほんとうにたまに売れるだけの商品でしたが決して売れない訳ではないんですよね。

買いたい人に知られていないだけなんだと改めて思った訳で。
農家のおじさん、お爺さんが傘を欲しがるのか?うーん、たまには居るかもしれません(笑)。

オシャレな傘、他の人があまり差していないような傘。誰が欲しがるか?考えればやはり奥様方、そうゆうのに敏感な方ではないかと。

そんな方々に自分が持って営業に行ってもどうでしょうか?怪しまれる(笑)

同じ気持ちで接する事ができるのが嫁さんだった訳ですね。

これって商売の基本ですよね。特に最近の消費が落ち込んでいる時の、販売方法として大切な事なんではないでしょうか。

嫁やります!!(笑)勉強になりました。
さて次はどこに差して行って貰いましょうか(笑)

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

台風過ぎて。

なんだか疲れ切った数日でした。過去に経験のない長雨によって仕事もはかどらず、頻繁に呼び出される消防団出動命令・・・。でもこちらは被害も少なくホッとしました。

紀伊半島、奈良方面はひどい事になってます。こっちに向かって来れば同じ事になっていたかもしれません。自然の恐ろしさ改めて感じました。

Dscf2128

台風がいよいよ近づいた昨日、おそらく誰も来ないだろうと思いつつ土砂降りの中店に向かいます。

Dscf2130

道中あちこち眺めながら、やはり田んぼが気になります。まだ稲刈りは始まったばかりです、ほとんど残ってますが倒れまくり・・・。

Dscf2133

店に向かいながら櫛田川を見ると最近見た事ないような増水です。
国道までもう少しの勢いです。さすがに怖い(汗)

店に到着ですが、すぐそこの国道が通行止め。かなりの迂回で時間が掛かりました。

事務所で仕事をしながら過ごしましたが、外から「パキパキ!!」と何やら音が聞こえてきます。

Dscf2139

外に出て道の下を見てみると、なんと水がすぐ近くまで来てます。来店頂いた方は知ってみえる方もいるかと思いますが、うちの店の前は竹林。流れははるか下、なんですが水がかなり上がってきてます。竹は水によって割れる音だったんですね。不気味な音です。

昼過ぎまでいましたが、どうにも心配で帰宅しました。
帰り際、川の増水を眺めている人居ましたが危険ですよ。わざわざ見に行かなくても。

夕方には雨も勢いが無くなり台風も過ぎて行ったようです。
近年にない経験をしましたね。

Dscf2144

今日、改めて周りの田んぼを見て来ましたがしっかり倒れてます(汗)
数日後には稲を起こしながら手間のかかる刈取りに突入でしょうが、機械の負担もかなりの事でしょう。

忙しくなります。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

長靴と傘

台風の影響で雨ばっかり。田んぼには倒れた稲がびしょ濡れに・・どうにもうまくいきません。

Dscf2124

荷物が届きました。中身は長靴、大ヒットの軽MAXの新バージョンです。
サイズが増えて、新カラーのなりました。多数注文をもらったのでまとめて発注です。

Dscf2125

自分も愛用してますが、とにかく軽くってけっこう丈夫。おすすめです。

Dscf2127

こっちは新型の防寒タイプの軽MAX、オレンジが眩しいです。冬の農作業に暖かくてもってこいですよ。釣りにも良いかも。

長靴と傘はセットなんで(笑)無理やり繋げますが、嫁さんが自分用にmabuの傘を購入しました。

Dscf2116

和傘風で軽くってオシャレ。東京ではけっこう流行っているようです。

この傘をさしていると奥様方がけっこう声を掛けてくれるみたいです。あまり見ないデザインでおまけに持ってみると軽い!!

知り合いの方が欲しいと言ってくれたんで、嫁さん今度カタログを持って営業に行ってくるそうです。(笑)

土砂降りの中、雨に繋げて書いてみました(笑)お粗末です・・・。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお