納品続く。

朝晩の寒さが季節の変化を感じさせますよね。そろそろ薪ストーブを思い出す頃になってきました。

先週の大安と今日の大安、めずらしく納品が続きましたので喜んでおりますo(*^▽^*)o。
どんな方がどんな農機を?ちょっと書いてみます。

Dscf2255

まずは先週納品のこちら。小型の畑用管理機です。
鍬の代わりに土を耕し、おまけに畦まで作ってくれるという優れもの。
最近の自家用野菜作りのブームにより人気が高いです。

自宅の裏に畑があって以前から自家用野菜を作っていたそうです。
前の農機が永年使って調子が悪くなったという事でご注文して頂きました。

Dscf2256

畑で見守るのは娘さん。お父さんが試運転で操作されるのを熱心に見ています。
こちらの説明もしっかり聞いてくれて使い方はばっちりです。後は馴れでしょうか。

近くに畑があるのだから安心な野菜を作りたい。そんな方が増えているようです。
最近の管理機は女性でも楽々始動できるようになってますし、操作も簡単です。

仕事も忙しいかと思いますが、休日にちょっと手を掛ければ家族分ぐらいは収穫できるでしょう。なによりも安心です。

続きましては本日の納品、小型のトラクターです。
トラクターというのは乗って耕耘する農機ですね。主に田んぼで使います。

Dscf2263

面積も少ないので小型モデルをチョイス。
前の機械も30年近く使用されていて、故障も多くなってきたので更新となりました。

Dscf2264

お客さんは年齢も高めですが、息子さんが近くに住んでます。
農作業も手伝いに来るとの事。

「新しなったし、息子も喜ぶやろ」そう言ってました。

最近の傾向としては、農地を荒らさずに管理して行く為の機械を準備しておくといった購入もありますね。

維持管理も農機無しでは無理です。
大手に依頼するにも手間が掛かりすぎる田舎の農地は敬遠されがちです。

将来、農地を管理して行く為にはどんな方法があるんでしょうか。
難しい問題ですね。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

「納品続く。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です