もう耕してます。

残暑厳しい一日でした・・・って何か真夏のような日差し。外に出たくない( ̄Д ̄;;

Dscf5556

こないだ稲刈りが終わったと思ったら、もう耕してます。
うちはまだ稲刈りが残っているというのに。残暑厳しい日差しの中ご苦労様です。

Dscf5557

近年、このような状況が広がりつつあります。
何を皆そんなに急いでいるのか?いつも思います。

2番穂が出てくるから耕す。草が困るから耕す。皆さん、そう言います。
でも耕せば2番穂は刈れますが、しばらくすると近年の冬の暖かさからまた雑草が生えてくるんです。
生えてきたら除草剤を一面に散布するんやって話されます。

うーん、確かに2番穂は鹿などの餌付けを防止するために、早めに刈った方が良いかもしれませんが。
霜にあたれば穂は枯れてしまうんです。子供の頃は正月過ぎまで田んぼは耕すことなくそのままで、冬に田んぼで遊ぶのが当たり前でした。
最近田んぼで遊んでる子って居ないですよね。場所を提供する必要もないのか・・・

コンバインを修理しながら、トラクターの爪を取り付けるという以前は無かった状況になってきました。

Dscf5554

耕す前に改良剤を降っておくからって、肥料を注文頂きました。
うちの倉庫はめっちゃ狭い(汗)肥料がまだ秋バージョンから変わっていない・・・

冬バージョンに入れ替えて出してきて、配達。疲れました(笑)

農業って本来もっとゆっくりするのだろって思ってましたけど、先を争って終わらせていくものなんだろうか?
基本に帰って創めるのも良いのかなって思いますけど、地球の気候も変わってしまいましたからね。これが新しい作り方なのかも

まだしばらく忙しいかな。

渓流もシーズンオフ

昼間は変わらず暑いですけど、秋はいきなりやってきましたね。

渓流シーズンも終わりが近づいてきました。
今シーズンは地元では振るわず(いつもながら・・・・笑)
久しぶりの岐阜遠征でヤマメを数匹ゲットすることが出来て、なんとか納得できて終了となりそうです。

いつも思いますけど、年々釣れなくなってるなーと自分の下手さを棚に上げ(汗)感じております。
川が土砂に埋まり、魚の住む場所が無くなってはたくさん放流しても定着しないよなって思いますね。
まずは環境を整えないとダメなんでしょう。

櫛田川も昨年の台風でさらに土砂で上流部が埋まり、お気に入りの堰堤も全て埋まってしまいました。元に戻るのはほぼ無理でしょうね。

山の荒れが原因か近年の集中豪雨が原因か分かりませんが、渓流ファンとしては寂しい限りです。

Dscf5540

今年も最後の釣りに仕事の合間に(笑)30分ほど行ってきました。
こないだの雨で水位は上がりいい感じでしたが、全くあたりもなく10cmほどのアマゴが釣れただけ・・・ここも釣れなくなっているのかな?

Dscf5545

来年には大きくなってほしいなと思って、残りのミミズをプレゼントしてきました。
良い川なんですよね。水が綺麗で。お気に入りの場所です。

残念がってばかりいても仕方ないので、これからは海に向かいます(笑)
師匠にイカを教えていただく事になってます。アジも大きくなってきます。

竿を買いに行かねば。川は来年までお休みです。

低い保冷庫

びっくりするほどに寒かった・・・でも明日はまた暑いらしい。どうなってんの?

朝からお墓参りに行ってから出勤でした。
店の隣の墓地もひっきりなしに車が止まります。

Dscf5492

こないだから玄米の保冷庫が売れてます。
この商品も発売が始まってから10年以上経ちますが、まだまだ売れ行きは好調なようですね。

農家じゃなくても売れてます。
最近は一年分農家さんから玄米を購入して、保管する家庭が増えている気がします。

一年分というとかなりの量です。家族の人数にもよりますが、5俵とか7俵とか。
うちでも7俵タイプは一番出ますね。

最近の温暖化で保管にも気を遣うようになってきました。
お米にはコクゾウムシという虫が発生します。
大概の奥さんはこれが苦手(笑)コメを研ぐ時に、これを見ようものなら悲鳴でしょうか(。>0<。)。

コクゾウムシは気温によって卵が孵化して動き出します。
夏場の高温と湿気で条件が揃うと出てくるようですね。

盛んにメーカーが言ってるのが冷やして保管すれば味も変わらず、一年間美味しく食べれますよという文句。
これは本当です。一年前の米でも驚く程美味いです。
収穫後の管理が一番大事だって事に納得しますよ。

Dscf5546

先日納品させてもらったのが、10俵タイプで高さが低いタイプでした。
この辺にも高齢化に対する対策を感じます。

一般的に米の袋の重さは30kg。女性にはかなりきつい重さです。運ぶのは大概おじいさんです。
でも袋を保冷庫に運び込むのも高齢では大変です。

最初は低くても、上に積むほどに高くなっていきます。
腰よりも高いってけっこう大変ですよ。精米するときは出さないといけないし。

このタイプはその点は大丈夫です。
腰をグキッてやってしまう可能性が低くなります(笑)

こないだも書きましたけど、お米って重いんですよね。
収穫時にも運ぶのも重いので、煙突タイプのコンバインに変わってきてるし保管するのに運ぶのも重いし。

昔の人はへっちゃらだったんでしょうね。
現代人はどうしても機械に頼ってしまいますね。良いのか悪いのか?

小さなはざ

昼間は暑かったですねー。でも数日で涼しくなるそうです。もうすぐ彼岸ですもんね。

数回にわたって稲刈りシーズンの記事を書きましたけど、ぼちぼちネタ切れです。(笑)
写真を探しましたけど、案外撮ってないんですよね、使えるのが。

なので今回は、先日終わったうちの稲刈り後の田んぼの様子をお知らせします。

Dscf5529

こないだの大雨で飯南もすっかり水たっぷりです。
川も谷もすごい水量で、しばらくこの状態ですね。

Dscf5522

田んぼは稲刈りが終わってまして、水浸し。
この田んぼはワラを残しています。今シーズンで米の栽培をやめて、違うものをやろうと考えてます。
その為にワラのすき込みを控えてみようかと。また本格始動しましたらお知らせします。

Dscf5526

棚田の中に小さな「はざ」をかけてみました。
自然乾燥のコメと味がどう違うのか?確かめたくなったので。

石垣を利用して棒を固定して載せていく「はざがけ」昔は、そんな風景が当たり前に見えました。
今では牛を飼っている、飼育農家さんなど数件が残るのみ。
手間がかかる事は減っていきますね。

逆に自家用のお米は自然乾燥で、という方もいますよね。
楽しんで作れば味も美味しく感じます。

この辺はほぼ稲刈りは終了したようです。
さてと今後は、どうなっていくかな?営業行かないとね(汗)

秋の忙しさって?

さてさて土砂降りの中、更新しております。
久しぶりに降ってますねー。直撃ではないのにかなり降りますよ。まだまだ台風シーズンは続きます。用心しましょう。

農機屋は秋は忙しいと毎年言っておりますが、一体何がそんなに忙しいのか?と思われている方もいるのではないでしょうか。

こちらでもたまに「今は忙しいんで・・・」って答えると「米をそんなに作ってるんか?」って未だに言われることがあります( ̄Д ̄;;
米を作っていないか、農機トラブルにあってないかどちらかでしょうか。

販売はもちろん、時期は修理がメインになってきます。田んぼ、田んぼを走り回り一日が過ぎていくそんな日々です。

コンバインは何する農機かと言いますと、まず稲を刈りシゴく(稲穂からモミ米だけを収穫する) モミ米を袋に入れるを一度にこなす機械です。
天候に左右され、気持ちは焦り年に一度の機械の操作も忘れがち・・・(^-^;

トラブルはそんな時にやってきます。そこで呼び出されるのが修理する人=オイラです。
今年の記憶に残っている修理をいくつかご紹介しますね。

その前にシーズンに必須の道具などをお見せしましょう。

Dscf5486

工具。これがないとさすがにダメです。念力では直せません。
シート。何に?って感じですか。これは田んぼに寝転ぶ為にです。昼寝じゃありませんよ。

覗き込まないと直せない修理があります。ドロドロの田んぼなら替えの服がいくつあっても足りません。嫁が怒ります(笑)
現場で何か借りてもいいんですが、よく貸してくれるのがモミの袋。経験ある方はご存知でしょうが、チクチクとはしかい!!集中できん!!。なのでシートを持参します(笑)

Dscf5485

絆創膏。よく怪我をします。気をつけてるんですけど、一瞬の合間にって感じですかね。

さて本題です。

まずは数年に一度は必ずある、鎌の放り込みトラブルでしょうか。
農家さんは必ず稲刈り鎌を持ってます。機械で刈れないところを、手持ちの鎌でささっと刈ってしまいます。その手際の良さに感動します。さすがは長いことやってます。(笑)

でも置いたところを忘れてしまう・・・よくあります。自分もしょっちゅうです(汗)
コンバインには鎌を取り付ける箇所が装備されてます。ここに置いてれば忘れないよという為に。
でも人間は忘れます。運悪ければ、コンバインに吸い込まれます。
Dscf5467

このように真っ二つ(汗)鎌でよかったという感じですねw(゚o゚)w

Dscf5469

あちこち外していくつかに切断された鎌が、ほぼそのままで出てきて一安心。

後は一番多いのがベルトのトラブルですね。コンバインは回転する部分が多いので、ベルトでつながってます。
機械が壊れる前にベルトが切れるようになってます。その修理が多いんです。

Dscf5472

田んぼによって、稲の状態によって頻度は変わりますが。今年は台風も無く倒伏も無かったので少なかったですね。でも数件はありましたよ。

修理を終えて喜んで頂いて、次の現場に走るわけです。
田んぼでばかりじゃありません。乾燥機、籾すり機なども修理します。
なので秋は忙しいのです。

そんな秋の稲刈りシーズンもほぼ終了です。今日の雨は疲れた体に一息つけました。

でも次はトラクターの修理が3台ほど入ってきております。
もうしばらく忙しそうです(汗)

曇り空で稲刈り

残暑が厳しいですよねー。昨日なんて扇風機全開でしたから。
暑さ寒さも彼岸まで・・・もう少しの辛抱ですか。

さてと引き続き、今年の稲刈りの振り返りになります。

9月に入りまして、本格的に始まってきた稲刈りですがどーにも天気が安定しなかった日々でした。
1週間毎日朝から降ったり、昼ごろいきなり降ってきたり・・・

Dscf5441

どないですか、この空?秋晴れっては言えませんよね(笑)

昔は秋晴れの涼しい風の中、長袖シャツでちょうどいいくらいって感じの稲刈り風景でした。今はパラソル無しじゃ暑くて刈れません。

コンバインの熱でただでさえ暑いのに、夏の日差しがガンガン当たります。
皆、コ○リでパラソルを買ってきて足元に差し込みます。

Dscf5440

パイプを丁寧にも溶接して、そこに差し込んで日除けです。
ここだけの話、修理の際にカバーが外しにくくて困るのは自分だけ?(笑)溶接はやめてくださいと言いたい(笑)

田舎の人は体力ありますから、へっちゃらなんですよね。
オイラの方が参っちまいます。

Dscf5436

この時期は車の中、飲み物で一杯になります。
修理に行くと帰り際に「まー飲んでって」って頂くんです。ポカリ、健康ドリンク、コーヒー。嬉しいんですけど、体力勝負みたいな。

Dscf5442

この日も今にも振りそうな空を眺めつつ、急いで刈り始めてダウン(汗)
すぐに直りましたけど、一時間もしないうちに大雨で終了でした。

金木犀の香りが広がるのはまだでしょうか。

明日は我が家の稲刈りです。ちょっと天気が心配ですけど。(うちも早いね、まだまだ(汗)

ピークは過ぎたかな?

どーも、こんにちは。(汗)すっかり9月半ばになってきました。
更新も途絶えた状態でしたが、覚えていてくれました?

ピークはこの週末でしたね。土曜が雨だと予報で流れ、金曜から一気に稲刈りが始まりました。
例年よりも実るのが遅れた感じで、ズルズルと長引いております。
我が家も今日から稲刈りが始まりました。飯南周辺で全て稲刈りが終わるのはもう少し先になりそうです。

夕方、ピタッと電話が鳴らなくなりました。このままだと更新をしなくなりそうなんで(笑)溜まった写真を載せながら振り返って行きたいと思います。

日付は8月29日。最初の頃ですね。

Dscf5425

昨年に購入して頂いた、この辺で煙突付きって呼んでます。コンバインでの稲刈りでした。
この頃はまだ余裕があったので、故障でなくてもウロウロしてました(笑)

Dscf5432

80歳になったのかな?オヤジの頃からのお客さんです。このコンバインで何台目かな?自分が2台買ってもらって、オヤジも買って頂いてます。
元気でしょ!!さすがにもみ袋を持つのが大変なんで、替えて頂きましたがバリバリの現役です。

Dscf5446

前にも書いたかな?ゲートボール大好きで、家に居ないときはここに居ます(笑)
稲刈り最中でライスセンターが唸りを上げている中、その横で皆さん暑いのにゲートボール真っ最中。

Dscf5448

たまに若い声で「15分前!!」とか言い出すので、メンバーにそんな若い人居たかな?って思ったらこれでした(汗)

用事がある時は休憩時間になるまで待ってます。寒い時も暑い時も、皆さん元気ですなー

田植え機も乗るタイプを買って頂いてます。
最近肥料を振るのが大変になってきたので、来年は振りながら植えていく田植え機を買おうかなって言ってくれてます。

機械があるから永年農業ができるんですよね。採算は合いませんけど、やはり農業は楽しみですよね。
そんな方の応援も大切な仕事なんです。