こんにゃくのシーズン

暖かい日でしたよね。まだまだストーブ焚くのを我慢できるぞ(笑)

寒くなってくると、暖かい食べ物が恋しくなる頃ですよね。
暖かい食べ物といえば何でしょう?やっぱり鍋!!おでん!!イイですよねー。

おでんの中で好きな具は?って一杯ありすぎて・・・ですけど、こんにゃくどうですか?
夏場はあまり食べない気がしますが、冬のおでんの定番、こんにゃく。
コンビニのおでんでもついつい入れませんか?けっこう好きな方多いですよね。

うちの近所にこんにゃく芋を買い取って手作りこんにゃくを販売しているお店があります。

Dscf5686

これがこんにゃく芋です。ゴツゴツの一見美味しくなさそうですが、こういうものに限って旨いと言うのは定説でして。
もちろんこのままでは食べれません。恐ろしい程アクが強くて、悪食なイノシシでさえ食べないという芋なんです。

皮をむいてすりつぶしてトロトロにこねて、茹でてアクを抜きという結構な手間がかかる食べ物です。

粉末のこんにゃくの粉でも出来るそうですが、やはり風味などなど芋からの方が美味しいんでしょうか。

お客さんの御宅だったので無理言って撮らせていただきました。
かなり前から製造されてますので、施設は年季が入ってます。この方が味がある!?(笑)

Dscf5685

こねてます。ぐるんぐるんと。茹でた芋を水を入れてこねてます。機械でやってくれるので楽ですね。これを手ですると腕やられます(汗)

Dscf5679

こねて固めて最後に茹で上げなんですが、木で作った昔ながらの型が置かれてます。
まん丸いこんにゃくもよく売られてますが、こちらは四角くなります。

かまどに薪で火を起こし、茹で上げます。

あんまり味しないし・・・とお思いの方、やはりね生芋から作るこんにゃくはちと違いますよ。
ヘルシーで食物繊維たっぷり、健康にいいこんにゃく。田舎の販売所ならたいがい売ってますから、食べ比べてみるのも良いかも。

あれからモンキードッグは・・・

急に寒くなりましたね。風邪ひいてしまいましたよ(^-^;
毎日早く寝て、なんとか復活。皆さんも変わり目は気をつけましょうね。

飯高町です。

Dscf5678

この看板に見覚えはありますか?すっかり色あせちゃって(笑)
2009年10月書きましたね、モンキードッグの記事を。

3年ぶり!?久しぶりに見に行ってきました。
きっと日々サルを追いかけ、鹿に吠えまくり野性味あふれるモンキードッグに成長していることでしょう。

Dscf5676

相変わらず黒いね!!それは変わるわけないね。

Dscf5675

うーん、太った?あなた。
吠えないのかな、元気はあるんだけど。

Dscf5677

野性味あふれる・・・うーん、すっかりペットらしくなっちゃって。

その姿を眺めていたらご主人登場。
「どうですか?モンキードッグの成長ぶりは。」 

あれから猿の姿は確かに減ったそうです。山にいても決して降りてこないと言ってました。
放してやると一目散に山に向かって追いかけていくと。
でも猿自体も飯高からは減っている気がします。段々と市街に近づいているような・・・餌を求めて人の多いところに移っていると思います。

鹿は最近の金網によって現れなくなったと言うことです。
やはり犬の効果は大きいですよね。注目ですよ。

モンキードッグが効果を発揮させる場所の一つとして自分が思うのが、椎茸のほだ場ではないでしょうか。
山の中では囲いも出来ずどこから来るかも分からないので、非常に対策が困難です。
逆に犬が出て行かないように囲いをして、中で放し飼いはどうなんでしょう。

おそらく猿を見つけたモンキードッグは、一目散に向かって行くと思います。
木に登っても下で吠えられ続けたら精神的にまいるでしょう(笑)

首輪でつないだ犬では、最近の猿も賢くなってすぐ近くまできますからね。
放し飼い、いけると思うんですけどね。でも犬は椎茸食べないよね?(笑)

がんこ市

寒くなってきましたねー。もう薪ストーブ焚いてます?
うちもそろそろ周りを片付けて、煙突掃除しないといけませんね。(^-^;
なにせ薪の在庫が少くってケチっていかないと足りなくなりますんで、もう少し我慢です。

今回は冬のイベントのお知らせをします。

Photo

「田舎でがんばる職人達のがんこ市」 12月2日(日曜)雨天決行

知り合いの方に書いてもらったチラシ。何か暖かい気持ちにさせてくれるお気に入りです。

毎年1月に開催しておりました、無料整備会&展示会を一新しました。
初の試みです。

職人・・・自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のことである。
パン屋さん、農家さん、鍛冶屋さん、製材屋さん 手作り小物 皆、田舎で頑張っています。

一緒にやりませんか?って声を掛けたのが今年の春頃でした。
集まって話し合いながらここまで来ました。

後、一ヶ月少々。

今皆で知り合いの方などに手配りでチラシを配ってます。
どれぐらいの人が来てくれるのか、全く予測できませんが頑張るのみですヽ(´▽`)/

開催地は当店です。
詳しい内容については近日中にお知らせしたいと思ってます。
ブログをご覧いただい方、予定を空けていただいて飯南まで足を運んで頂ければと思います。

粟の機械

よく降ってます。朝から薪の配達予定が変更になりました。うまく回りません(涙)

粟って知ってます?雑穀なんですけど、食べた事ありますか?
よくお餅なんかに入ってますよね。有名なところだと赤福の八朔粟餅でしょうか。

実はこの辺の粟が使われているそうですよ。なにやら風味が良いとかで。

Dscf5633

これが粟です。見た事あります?自分も数年前に初めて見ました(笑)
穂がびっしり付いてます。細かい!!一房にどれほど粒が付いているんでしょうね。

これはよく乾燥させてるものです。これを木槌などで叩いて粒を落とします。

Dscf5640

粒を選別してから精米?して中身を取り出す訳ですね。
米に比べて手間がすごくかかりますよね。大変な作業です。

これって何とか機械化出来ないんでしょうか・・・って考えてます。
知り合いの機器の製造をしている方に相談してみようか。
果たして出来ても売れるのか?すでに売ってるかもしれませんが(笑)でもやる価値はありそうです。

また色んな事を考えてしまいます。仕事もあるのに・・・

集材機って

さてと日曜日ですが、今日も仕事です。

ブログも長い事書いてますが、田舎の出来事は毎日色々あるなーって書いていて思います。
大したこと書けてないのが申し訳ないんですけど。
なんとかネタには困らずに書けてます(^-^;

飯南方面でもかなり少なくなった山から椎茸原木を運び出す集材機という機械の様子を見に行ってきました。
中古のエンジンを最近買って頂いたので、使ってみての点検です。

Dscf5621

稲刈りが終わった田んぼで集材機を固定してあります。ワイヤーを張り、滑車を取り付けエンジンを回転させる事によって山の木々の間に張り巡らされたワイヤーが原木を運び出してくる仕組みになってます。

Dscf5623

この機械は近隣の山仕事をしている方の家には、当たり前にある機械でした。
高い山から木を出すときに林道を付けることなく、木を運び出す手段として考え出された機械なんですよね。

Dscf5624

今はヘリコプターなどで出せますし、林道も付けたりしてますけど狭い場所などは山を荒らさずに運び出せる方法だったんでしょうね。

久しぶりにエンジン載せ換えという話になりましたが、もう使っても数年だからと中古エンジンになりましたけどね。
古い機械を見ていると、工夫して使ってるなって感じがします。

おかんと草取り

涼しいですよねー。
今日、シーズン最初の薪の注文が入ってきました。
寒くなると「注文入れとかないと」って思い出すんでしょうか(笑)

この間ちょっと時間が出来たので、おかんと草取りをしてきました。
現場は石垣の棚田。ごらんの有様で石垣の間は草だらけです。

Dscf5606

石垣の間はもちろん土です。雑草の種が飛んできて芽を出しますよね。
土の土手ならば草刈機で一気に刈り取ることができます。

Dscf5610

厄介なのが石と石の間に生えている雑草です。当然草刈機は使えません。
手作業で抜くしか方法が無いのです。

除草剤?お勧めしません。根っこまで枯れるタイプは土ごと痩せていって、石垣が崩れる原因なると聞いてます。
何百年も昔からひたすら手で抜いて維持してきたんですよね。すごいことです。

Dscf5611

ここに嫁に来た時からひたすら草を抜き続けてきた、おかんは慣れたものです。
抜き去るスピードが違います(笑)
自分は機械ならば操作できますが、人力の手際の良さにはかないません。
どんな機械でも手の動きには負けますね。

Dscf5615

おかんが持つ鎌のようなものは、こないだ購入した秘密兵器 鍛冶安君の草取り鎌です。これはイイですよ!!うちの庭にも使ってますが、ほぐして抜き去るにはもってこいです。
冬のイベントには販売するそうなのでもう少しお待ちください。

あっという間に石垣の草を取り去り、次の仕事をしてました。
よく働くなぁー負けますわ。

石垣の棚田という珍しさで人気ですが、維持管理の大変さは人ごとではありません。
おかんが出来なくなってきたら、果たして誰がするのか?
草だらけで放置が大方の予想でしょう。現に担い手の無くなった棚田は草だらけに放置されていますから。

これからの地域の課題でしょうね。

バトンタッチのお手伝い

連休真ん中、皆さん楽しんでますか?おいらもやっとトラクターの修理が済んで次に進めます(汗)

昨日、トラクターの指導に行ってきました。指導?って・・・
数ヶ月前に親父さんが亡くなって、県外に住む息子さんが連休を利用して田んぼを起こしに来られたんです。
初めて使うトラクター、説明書だけでは分かりませんよね?農機でも事故は起きてますから、使い方によっては危険です。

Dscf5597

最近こんな出来事がちらほらとあります。うちとしては大歓迎です。
休みを利用して農作業をしようとする意欲がある方に、安全な使い方を教えるのは嬉しい事です。放棄地にするより全然良いですね。

若い方なんですぐに覚えてもらって、問題なしです。

Dscf5598

後ろ姿を見ていると、親父さんと似てるなーってフッと思いました。
皆年を重ねると似てくるんでしょうか?という事は自分も親父に似てくる・・・嬉しくない( ̄○ ̄;)!

田舎の親父さんは、意外に息子に農作業を教えていないと感じます。
遠くに住んでいたらもちろん会う機会も少ないですし、シーズンに教えないとダメですしね。

農機屋としては、もっと農機をうまく活用出来るというところを教えていかないといけないんでしょうか。
我流で農機を使い続けてる方って多いです。特に高齢の方は。
もっとこう使えば良いのにって思うときもあります。
うまくバトンタッチしていって、使い方も教えていかないともったいないですよね。

使い方の講習って必要かもねって思いました。

クレソンの季節

夕方になると一気に涼しくなりますねー。半袖では寒いぐらいです。

先日、飯高に行った時に立ち寄ってきました。クレソンの田んぼ。

こちらは以前にも書きましたが、大学生が中心になって活動して栽培している休耕田を利用した、昨年完成のクレソン田んぼです。
周りを金網で囲って、鹿の侵入を防いだわけですがご覧のとおり!!

Dscf5589

見事に大きく育ちました。
クレソンの旬は秋から冬で、寒くなり始めると一気に成長を始めます。
ココはかなり水も冷たいので早くから成長していたみたいです。
学生諸君、頑張った甲斐がありましたね。

Dscf5591

渡るために置いた橋も隠れるほどに伸びてます。もちろんもう食べれますよ。
収穫してどんどん食べて頂きたいですね。刈ってもすぐに次の芽が出てくるのでご安心を。
逆に刈った方が柔らかい目が出てくるので、良いかも。鍋にはしっかりした茎の太いのが向いてますけどね。

Dscf5592

近くの別の田んぼも生育旺盛です。
寒い飯高は成長も早いかもしれませんね。
波瀬のクレソンでけっこう有名になってきましたが、まだまだ知らない方も多いですよね。
近くのお店でクレソン料理も食べることができますよ。
興味のある方は是非お問い合わせください。うちでもご案内できますよ。お気軽に聞いてください。

かやの実の音

台風一過、すっきり晴れました。皆さん、被害の方大丈夫でしたか?
今回はこちらの方は雨もそれほど多くなく、大きな被害も出ずに済んだようです。まだまだ台風シーズンですから今後分かりませんが。

仕事で走りながらフッと香ってきました。秋の香り「金木犀」です。
ようやく秋がやってきたようです。

こちらも秋を感じさせる花「彼岸花」 モグラが嫌いな花だそうで田んぼの土手によく生えてますよね。農家さんが移植したんでしょう。

Dscf5563

お客さんちで時間待ちで、ゆっくりと彼岸花を撮ってたらどこからともなく「パチン!!ポテン!!」って音が聞こえてきました。
あっ!?そうかもうその時期かって思ったわけで。音の正体はかやの実です。

Dscf5573

大木のかやです。タモを作るときに採ってきたりするんですけど、こんな大きなのはあまり見ませんね。

Dscf5574

パチン!!は道路に落ちる音。ポテン!!は倉庫のトタン屋根に落ちる音なんです。

毎年秋になると必ず実が落ちてきます。この周辺は独特のかやの実の香りが、広がります。

Dscf5571

かやの実って食べれるんですよ。知ってました?って自分も知りませんでしたけど(汗)
この木の持ち主の方は毎年、食べてると言ってました。アクを抜いて日に干して・・・ってけっこう手間がかかるようですけど。

かやの実を食べるのは人間ばかりでなく、いつもこの時期に飛び回っているヤマガラも好物のようです。
安っすいデジカメでは撮れませんが(笑)行くたびに辺りを飛び回ってます。
どうやってこの固いカラを割るのかと思いきや、車が踏んづけて実が飛び出したのをつまんでるんですね。

Dscf5576

カラスもくるみを車に踏ませて殻を割るって聞いたことがありますけど、ヤマガラもなかなかやりますね。

田舎は秋の気配が段々と深まってきました。