桜がなんか変です。

3月も明日で終わり。暖かくなるんでしょうか。

P1060574

桜の季節になりました。桜を見て怒る人はいませんよね(笑)いい花です。
車で走っていても華やかな気分になります。毎年恒例の楽しみです。

でもなんか今年は様子が変なんです。

P1060578

うちの店の近くの桜です。いつもならばもっと咲いていて、ずっと眺めてしまいますが、花が異様に少ないんです。
よく見るとつぼみが無い・・・他でもそんな状態のところがあるようです。
聞けば鳥による被害だとか。

今日は松阪市街から飯高町の波瀬地区あたりまで走っておりましたが、波瀬の桜も同じような感じ。

P1060576

鳥の被害がかなりの広範囲に広がっているのかな。

「初めてやわ、こんなの」って波瀬の人も言ってましたが、自分も記憶にありません。
鳥も獣と同じように食糧不足なんでしょうか。

このまま桜も終わってしまって、田植えに突入でしょうか?(笑)
どうにも 気合が入らない春ですね(汗)
桜はやっぱり満開が良いですよね。

椎茸レディ!?

どうにも寒いですね(><)なかなか暖かくなりません。

原木椎茸が出始めてきました。今年も雨が少なく、まだゆっくりですが。

お客さんちでは、原木に椎茸の菌を打ち込む作業が最盛期を迎えています。

P1060562

伐採してきた原木がズラリ壮観な眺めです。薪に欲しいなー(笑)

P1060558

この機械は原木に、一気に穴を複数開ける機械です。効率が良いですよね。

ここでご説明です。椎茸の菌を打ち込むとは?
原木にまず穴を開けます。1cmほどですか。そこに椎茸の菌の入ったオガで固めたコルクのようなものを打ち込んでいきます。

その後、2年かかって椎茸の菌が原木の栄養をもらって育つわけです。

菌を打ち込むために穴を開け、そしてその穴に菌を打ち込む。
その工程はズズッと続きます。一人では大変です。大量に作る専門の椎茸農家さんはとても無理です。

そこで数人で流れ作業が効率的です。

椎茸レディとでも言いますか(笑)女性3人で共同作業です。一人撮れてませんが(汗)

P1060561

穴を開ける人、菌を打ち込む人、運ぶ人それぞれが役割とこなし大量に椎茸菌入り原木が作られていきます。

田舎では皆で協力して作業するというのがよくありました。近くで働けて、お互いが助かるという田舎独特の仕事です。
最近見なくなりましたね、こんな風景。人に頼むほど大量に製造しなくなりましたからね。
田舎の仕事も変わってきました。

出張して薪割りをして頂いて。

雨が降ってきました。春分の日、いよいよ春がやってきますね。
朝から墓参りをして仕事に来ました。隣の墓地にはひっきりなしに車が止まります。

先日の週末、薪ストーブユーザーであり当店のお客さんでもある3人の方が揃って来てくれました。
P1060525

お店の前にはMiniが止まってます。欲しかった車です、良いですねー。
最近うちの店にも、個性的な車で来てくれる方が増えてきました。後、バイクやら自転車やら。農機屋なのに。昔はKトラばっかりだったのに・・・(笑)

彼らが来てくれた目的はなんと!!うちの薪を割ってくれるという、なんともありがたいお話です。
Facebookで思わず、つぶやきました。どうにか雑木を集めたけど、そのまんま放置。割らないと今年の薪が無いのに・・・って。そしたらコメントには割りに行きますよ!!って本当ですか!?良いの?

なんと来て頂きました。3人も!!

P1060527

さっそく薪置き場の散らかしぱなしの雑木の山(お恥ずかしい(笑)に、3人がマイ斧を持って一気に割りにかかって頂きました。

ワタクシはチェンソーで長いものを切断です。なにせ3人パワーすごいので、切らないと割るのが無くなります(笑)。

P1060531

人力ってすごいなって思いましたよ。みるみるうちに薪になっていくんですよ。
昨年は薪割り機使ってひたすら割ってましたけど、ここまではかどりませんから。数日かけてようやく終わるといった感じですが。数時間でこの状態。

なんかホントに申し訳ないほどです。出張で薪を割って頂くなんて思いもしませんでしたよ。

P1060535

ケヤキの割りにくい奴、ひらべったく切って縦割り。なるほど!!こんな割り方もあるのね!?勉強になります。

お昼をはさんでひたすら割って頂きました。3時には終了。
割る前の現場と割った後の現場です。

P1060511

P1060538

うちに運んで、積んで今年の薪作りは終了です。
見るたびにどうしよ?って思っていたのもこれで一安心です。

P1060539

本当に助かりました。Uさん、Sさん、Aさんありがとうございました。

宮川で生活されてます。

早くも三月半ば。花粉ももう少し・・・でも何故か、今年は全然楽です(笑)治ったのかな?

先日、お隣宮川村に行ってきました。釣りではありません(笑)
数年前からのお付き合いのSさん宅にお邪魔してきました。

P1060462

Sさんは街からのIターンです。宮川村の奥まった集落で農業をしながら生活をしていると伺っていました。
見に行きたいと思いつつ、機会がありませんでしたが農閑期の今こそ行かなくてはとドライブしてきました。

うちもよその事、言えませんけど(汗)奥地です。川沿いに走ってクネクネと曲がり、何度も道を訪ね到着です。

P1060450

まずは農地を案内してもらいました。
広いんですよ。失礼ながら、少しの畑をされている程度かなと思っていたのですが驚きです。
周りは電気柵でぐるりと囲まれて、獣害対策もきちんとされてます。

P1060453

冬場で野菜も少ししかありませんでしたが、Sさんが取り組まれているのは自然農法。
雑草を綺麗に取ってしまうのではなく、必要最低限で野菜を栽培する方法です。

独特の畝の作り方ですが、知り合いの方でこの栽培方法をされている方が増えている気がします。収量はどうなんでしょうね。実に気になります。

P1060457

居ますねー、ヤギさん(笑)田舎暮らしにはヤギさん似合います。
雑草も食べてくれますし、乳を出すのかな?人懐っこいです。

P1060451

川向こうは雑木の山。ロケーションは抜群ですね。

P1060455

向こうで鍬を振っているのが奥さんです。こんな光景を見たのは久しぶりな気がします。
と同時にすごく嬉しい気分になりました。
一緒に農業をされていて、ここの畑は奥さんが管理されているそうです。

P1060461

記念に撮らせてもらいましたが、ちょうど手がかかってしまって残念。
次回撮らせてください(笑)

ここに来て4年。集落の方たちにも色々助けてもらって毎日忙しく楽しく生活されているって感じでした。

P1060465

庭の片隅には作りかけのピザ窯。皆が集まって楽しめる場所を作りたいそうです。
出来上がったら呼んでくださいね(笑)

P1060464

宮川のアマゴ釣りの解禁になったばかりで、クーラーを見せてもらったら、良い型のが入ってました。

毛鉤で釣ったそうです。こっちも一段と気になります。
テンカラという日本式毛鉤。もちろん、ワタクシも大好きです(笑)もう少し暖かくなったらご一緒しましょう。

またひとつ気になる場所が出来ました。田舎から人が居なくなっていくばかりではなく、田舎に来る人もいます。
そして本気で田舎で生活していこうと考えておられます。
時々紹介していきたいなと思います。

竹切りのチェンソー

春は暖かくなったり、寒さが戻ったりとしながら段々と春本番を迎えるんですね。
早くも3月も11日、忙しくなってきました。

先日、電話を頂いて「月曜から竹を切るんで、軽いチェンソー欲しいわ」との事。
昨日チェンを竹仕様に替えて、納品してきました。

P1060485

「ちょっと近くの竹切ってみるわ」と試運転です。
けっこう太い竹が生えてます。孟宗竹って言うんでしょうか?よく分かりませんが。
「去年はさっぱりタケノコは出やんだなー?なんでやろ」って言われてましたが。

タケノコの大好物といえばイノシシですよね。鼻のきくイノシシは、タケノコが地面に出る前に掘り起こして食べてしまいます。
人間はそんな奴に対抗しないといけません。採るか盗られるか(笑)の戦いが繰り広げられます。

P1060488

さっそく一本切ってみました。スっと刃が入ってあっという間に倒れます。
「うんうん」とご満足頂いたようです。

竹は切り倒して日が入り込むようになると、元気いっぱいで更に増えるって聞いた事があります。

P1060492

元々ここも田んぼでした。竹が侵略してきて処理に大変だそうです。

この太い竹を頂ける事になりました。ちょっと農業に使いたいと思ってます。
またその後、お知らせしたいと思います。

農山漁村大切が99%

今日も暖かい日でした。冬服はもういらないのかな?

農業の新聞を毎週読んでます。この業界には様々な出来事がありますからね。

国交省が農山漁村地域に関するアンケート結果を発表してました。
調査対象は東京23区内及び人口30万以上の都市在住者で20~70歳未満の男女となってます。

P1060480

農山漁村大切が99%と大きく載ってますね。

日本にとって農山漁村は大切だと思いますか?の問いに「非常に大切」が55%以上、「大切」が全体で44%近くになってました。
「非常に大切」の年代が20,30代は約50%以上、60代は約60%以上、
街に住む人にとっても農村、田舎を大切に思っている方は非常に多いんですね。若い人の意識も意外な感じでしたが、割合が高いですよね。

気になるところで、大切な理由は?日本の風土ならではの景観が残されている。日本人にとって心のふるさとになっているなどが載ってました。
街にはないものを求めている方が、いかに多いかと言うことでしょうか。

農山漁村への訪問理由・目的は?観光、レクリエーションの為、親族の家事手伝い帰省の為などが多いです。
街に住んでいても、どこかで田舎に住んでいる人との繋がりが多いんですね。
田舎から出てきたという方も多いでしょうし。

最近多いのが街から移住される方ですね。移住希望者は男性は60%とかなり多いですね。女性は30%です。
実現されている方も多いと思いますが、実現は難しいと考える理由は?きっかけが無いから、働く場所が少ないから、選べないなどでした。
働く場所は確かに少ないですよね・・・住みたくても仕事が無ければ生活は成り立ちません。

ざっとご紹介でしたが、日本人って田舎を自分が思っている以上に大切に考えてくれていると改めて思いました。

どんどん人が減っていって、廃屋が増え年々田舎の風景も変わりつつあります。

街の人たちの力を借りるのも、農山漁村を残して行くには必要なんだと思います。

田んぼへの道。

昨日とは打って変わって、風も穏やかな一日でした。
でもマスク必須ですね(汗)

こないだ中古のトラクターを持ってお邪魔してきました。
欲しいんだけど、道が狭いんで通るか実際に見てみたいとの事。

農道が狭いのは、この辺では普通の事です。
いざ田んぼに入ってしまえば、大きい馬力の方が仕事もはかどって楽々なんですが田舎の田んぼへの道というのはどうにも狭いところが多い!!

昔は歩いて行くことが多かったでしょうから道はそれほど広くなく、それよりも田んぼの面積を多くしていたのではないのかなと思います。少しでも栽培面積を広く欲しかったんですよね。

今は農作業も車が必須ですから、道も広がりました。田んぼや周辺を削って道を広げてますが、立地上どうしても広げる事のできないところもあるわけで。

馬力が大きくなると車幅も大きくなります。落ちたら大変ですから、機種選びも其の辺を考慮してとなります。
田んぼまでの道をトラクターで乗っていかれました。

P1060437

「自転車乗って来て!!」見ると軒先に自転車が。カゴには軍手と鎌が入った農作業モードの自転車です(笑)

P1060438

平日の昼下がり、お客さんの自転車で田んぼまで走ります。案外こういうの好きです(笑)
非日常的というか、いつもの景色も違って見えます。
鳥の声も聞こえ(春も近いなー(´ε`*)ゝ口笛でも吹きそうな気分ですな(笑)

P1060441

さてさて、仕事に戻りましてトラクターの具合はどうなんでしょうか?
うんうん、何とか通ってます。少し余裕もあるんではないですか。

一通り、田んぼで試して帰宅です。
ちょっと家族とご相談。返事は後日となりました。
決まると嬉しいですね。