循環式精米機

暑い日でしたー(汗) なるべく炎天下で仕事しないようにしてますが、外では帽子が必須ですね。
近年の暑さは昔と違います。無理しちゃいけません。

P1080816

循環式の精米機が修理に入ってきました。
コイン精米がどこでも見かけるようになってきましたが、まだまだ人気ですよ。
やはりゆっくりと時間をかけて精米する事による味の違いですかね。手間がかかりますが精米の仕方もお米を美味しく食べる重要なポイントです。

夏の今頃って、精米機を使う人って意外に多いんですよね。
お盆がもうすぐ。息子や孫が帰ってくるので、美味しいご飯を炊いてあげたいという親心なんでしょうか。

P1080819

玄米保冷庫も、この辺では一家に一台の時代になってきました。
温暖化や夜間の高温の影響でお米の品質が悪くなったり、虫がついたり・・・。
当店でもかなり販売させて頂きましたが、一押しの商品です。

保冷庫から出して精米をする、でもこの時期はちょっと待ってください。
常温に戻してから精米しないと、急な温度差と衝撃でお米が割れる時がありますよ。
メーカーから説明を受けているとは思いますが。

P1080820

修理後に試しでうちの米を精米してみました。
40分ぐらいで精米して、ヌカを落として仕上がりです。
かなり白く精米してみました。玄米と比べるとよく分かります。削り具合はお好みで。

P1080821

ヌカも手に入ります(笑)漬物等々活用方法は色々あるみたいですね。

お盆には新米が食べれる時代です。
という事はお盆前に稲刈りが始まるという事です。真夏に稲刈り・・・大変ですねー(汗)
夏もこれからです。体調崩さないように気を付けて下さいね。

向日葵植えました。

あらら・・・すっかり子供たちの夏休み突入となってしまいました(汗)更新が遅すぎですね。
言い訳しますと(笑)どうにもパソコンの調子が数週間前から悪くて、とうとう電源すら入らなくなってしましました。
事務所にも1台のみで、どうしようと思いつつ結構毎日予定があって、放置状態でしがさすがに困り果て、修理に出して数万円の出費(涙)にて復活いたしました。
パソコンは必ず壊れる物と考えて、日頃からのバックアップなどに対策しておかないといけませんよね。

さて夏の田舎は今どうなのか?景色も緑色濃くなってますが、そろそろ梅雨明けでしょうか。
雷がゴロゴロ言ってます(笑)
農機屋のシーズンとしては今は仕事少な目・・・田植えを終わって収穫までは田んぼの管理、草刈ぐらいしか農機も使いません。
修理場には、草刈機の修理品が並んでます。溜めこまないで直して行かないと早く使いたい人たちばかりですから。

草刈といえば隣の畑。毎年雑草に悩まされ、除草シートを張ってみたりハンマーナイフで刈ったりとやってきましたが、今年はちょっと考えを変えてみました。
見た目に鮮やかにしてみたら良いかな?夏は向日葵・・・それでいこう(笑)

6月ごろに種を撒きました。ハイブリットサンフラワーってのを撒いてみました。花は小さめですが大きくなりすぎず風に強いかなと思って。
でもやられました、こないだの台風で(涙)早すぎ。

P1080814

次の日にお袋と起こしましたよ。一本ずつ。
折れてなかったのが幸いで、きっちり並んでませんが先日から一斉に咲きだしました
((o^-^o)良かったー。

P1080812

遅らせて撒いた奥の場所は被害も少なくて、もうすぐ咲いてくれると思います。
こっちは密集してるんで見応えけっこうあると思いますよ。

通りがかる方たちも足を止めて見てくれてます。
夏のスポットになってくれるとうれしいですね。
場所は飯南町粥見746-2 たかお農機店横の畑です。
シカ対策の電気柵が張ってありますので、気を付けて下さい。満開になってきたら電気を切っていつでも入って頂けるように準備したいと思います。
見ごろは8月入ってからでしょうか。
小さな畑ですからあまり期待して来られると困りますが(汗)お近くに来られる時ありましたら、ついでに見て行ってください。

花はやっぱり良いですよね。

肥料も大変。

すっかり七月に入ってました。今年も半分過ぎましたね、いつもながら早いです(汗)40半ばになったら特にそう思います(笑)

田舎の風景も相変わらず緑です。色が濃くなったり薄くなったり でも緑です。
毎日見てても飽きませんね。良い色です。

P1080733

田んぼに出かけてきました。向こうにちっちゃく見えるのがお客さん。(見えない?)
車が止まってたんで、何処にいるかな?って思ったらけっこう向こう(汗)
畦を通って向かいますって狭いよね、畦。

P1080734

バランス感覚が必要な場所ですけど、この辺の田んぼはみなこんな感じ。
水を入れて田植えをしたら、その後は畦を歩いて水の管理や生育の様子を見ます。

うちの棚田の田んぼも狭い畦なんですが、ここを肥料を背負いながら散布するのはけっこう恐怖(汗)下の田んぼまでは10mほどの高さがあります。落ちたら・・・( ̄Д ̄;;

80代半ばのお客さんと話してたら、「肥料の散布がもう無理や、来年は最初に一回で済むのに変えるわ」って事になりました。
いわゆる一発肥料って事ですが、うちでもだんだんと扱いが増えてきました。
理想は数回に分けて時期を見て与える肥料なんですが、20kの肥料を扱うには高齢化しすぎたこの業界では無理があります。

肥料はコメ作りには必須ですが、その作業自体が困難になってきてます。
良いコメを採りたいと思っていても、重さに勝てない。
チェンソー、草刈り機等など、買いに来て頂くお客さんも「軽いの欲しいわ」って言われます。
肥料業界もこの辺りを考えていって欲しいですね。

自分はバランス感覚を磨くか?(笑)