Facebookもやってます。

寒くなりましたねー、早くも10月後半でございます。日も暮れるのが早くなりましたね。
外仕事も出来なくなってきたので、事務仕事もはかどります(笑)

Facebookって皆さん、ご存知ですよね。数年前から流行りだし、けっこうな方が使ってますね。
うちも流行りものには弱いので(笑)当然使ってます。

うちのページはこちらです。

こちらもたまに更新してます。ここは短い文章が多いので、ちょっとの合間に書いてアップ出来るのが良いかなって感じでしょうか。

よろしければご覧ください。最近は薪ストーブ関連の機械の事なんかを良く書いてます。
Facebookに入ってなくても見れますし、問題ありませんから安心して下さいね。

たかお農機店のページに いいね を頂けると嬉しいです。

次回は最近の出来事を長く書いてみたいと思ってますよ(笑)

P1090340

第3回目

台風接近!!大雨ですね。毎週来られては非常に困りますねえ・・・(汗)
今晩がピークなんでしょうか?帰宅される際には十分にお気を付け下さい。

早いですね、10月もう半ばですよ。事務仕事も終わりましたんで、久しぶりの更新です(汗)

タイトルに書きましたが、第3回の出来事を集めてみました。

Tanadamaturi

今月の25日(土曜日)開催は深野棚田祭りです。早くも第3回なんですねー。
棚田百選にも選ばれている、深野地区の石垣棚田で行われる棚田を彩る行燈の灯りが幻想的なんですよね。
第1回目のご紹介を書いてました。
今年もたくさんの方々に見に来て頂きたいですね。

そしてそして、先日通りがかりましたらこんな風景が!!

P1090223

深野棚田へとつながる道筋から見えてます、棚田に置かれた白い物体!?
何だと思います?これはラッセルルピナスの種を植えてあるんです。
鳥よけのカバーを被せてるんですね。その数3000個って言ったかな?(間違ってたらすいません)すごい手間のかかる作業ですよ。
こちらも1回目書いてました
地域の方々の取り組みも3年目。素晴らしい事です。
来年の春が楽しみですね!!

そして最後にちらっと紹介させてください(笑)
今年もやります!!第3回「田舎で頑張る職人たちのがんこ市」
11月30日(日曜)開催です(雨天決行)
こちらも3回目なんですよねー。
1回目の様子です

なぜかみんな3回目(笑)そして4回目はどうなるのか?それは誰にも分からない(笑)

今シーズンの振り返りを。

ずいぶん更新が止まってしまってました。たまに見て頂いている方もあるかと思いますが(汗)すいません。

前回が8月21日でした。あれからばたばたと稲刈りに突入したんですよね。
今シーズンの稲刈りを振り返ってみたいと思います。

なんかね、色々大変なシーズンでしたね。8月後半から9月前半は、週末ごとに雨・・・また雨。
P1090059

P1090109

田んぼはぐちゃぐちゃ泥だらけの田んぼでコンバインのトラブル多し。どうしても無理しますから。
修理に忙しかった前半でした。刈り始めたら降ってきて、急いで撤収(涙)
お米も成長がイマイチで、品質もよくなかった気がします。

台風がやって来るのが早くなって来てますよね、確実に。

9月半ばになると天気も安定して来て、稲刈りも快調に進みました。
でももうすでに大半が済んでるんですけど。皆さん早いね。

今度は獣害・・・残った田んぼに集中的にイノシシが侵入してきます。
今年は自家用の田んぼも自分が大半刈りましたが、うちもかなりやられました。
踏み倒して、ドロドロ(涙)

獣害対策の設備を長年販売してきましたが、自分で刈ってみてよく分かりました。
何としてでも侵入を防ごうという皆さんの気持ちが。

倒されて、収穫出来なくなったお米は見るのが悲しいです(涙)
苦労して育てるお米をめちゃくちゃにされると意欲が無くなりますよね。

耕作放棄の原因ですよね、これは。何とかしないといけない事ですよ。

今年は、うちの田んぼで除草剤を使わずに殺虫剤を使わずにと、初のいわゆる無農薬栽培をやってみました。
何回除草作業に入ったでしょうか?汗だくで草を手作業で除去しました。

P1090054

P1090103

良い感じでしょ!!思ったより病気も出ず、草にも負けず良い穂を付けてくれました。
頑張った甲斐がありました。

でもね、最後に残ったこの田んぼを刈ろうと思った数日前にやられました。
電気柵も作動してたんですけどね。甘い所があったんでしょうか。

P1090195

悔しいけど、仕方ないですね。無農薬で美味しかったという事で(笑)

来年はもっと頑丈に囲いをするしかないですね。来年もやりますよ、無農薬栽培。

そんなこんなで、今年の稲刈りシーズンは過ぎていきました。
米価の低迷とか、獣害の問題とか田舎にとって厳しい問題がたくさんあります。
でもコメ作りはなんとか続けて行って欲しいですね。