若者が田舎に移住する人が増えてる

はっきりしない天気の日曜日。お店は開いております。
ようやく寒くなりましたねぇ。薪ストーブユーザーには、楽しみな季節がやってまいりました(笑)
寒いのが苦手ない人には嫌な季節到来です(汗)

自分はどっち?と思ったんですが、薪ストーブは好きですけど寒いのは嫌です(笑)

昨日、店の屋根に上りまして煙突掃除しました。ええ、ようやく。
今日は焚こうと思ってましたから 薪ストーブを。

P1090534

みにくいあひるのこ CI-1Gが去った後、新たに設置して二年目を迎えた、縦型ストーブ イーラですが今年も出番がやって来ました!
週末も開いてますから、お気軽に見に来て下さい。うんちくを語らせて頂きます(笑)

気が付けば、今月はまだ1回しか更新してませんでした(汗)
たるみ切っておりますが、今回は過去を振り返ってみたいと思います。

2010年6月、5年前に鎌田さんの事を書かせて頂きました。
有機栽培の野菜作りをされていて、中古田植え機をお世話になったお話でした。
あれからずっと色々とお世話になっておりまして、農機屋では中々知りにくい野菜の話など貴重な情報等教えて頂いたりしてます。

P1100939

水菜の収穫中に畑にお邪魔して、野菜業界の現状とか色んな話を聞かせてもらいました。

P1100940

有機野菜を作る為に就農する方が増えてます。
鎌田さんを通じて紹介して頂いた方もいますし、直接お店に来て頂く方もあります。

そんな方と話をしてると、鎌田さんの話が良く出てきます。
けっこう有名なんです、鎌田さん(笑)野菜作りを始めたばかりの方にとっては大先輩になるわけですし、野菜を作り販売して生活しておられるお手本になる存在ですよね。

今朝も寝ぼけながら朝ごはんを食べつつ(笑)TVを見てましたら、若者が田舎に移住する人が増えてると言ってました。
田舎で生活して行く為に野菜を作るのも、一つの方法だと思います。
道の駅などで野菜を販売してる方も多いと思いますが、大半が70代からの年配の方です。
その方が作れなくなったら、出荷される新鮮野菜もどんどん減っていくと思われます。

八百屋で野菜を買う人が増えている、魚屋で魚を買いたいという若いお母さんが増えてるというのも聞いた事があります。
地元で新鮮な物を価格以外に満足を得てもらえるのが、小さなお店の販売の楽しさなんですよね。

年々厳しくなってくる業界ですけど、来年はもう少し良い方向に向かっていければと願ってますよ。

そのまま 里山

今年も残り一か月半・・・今年は何やったかな?うーーん、浮かんでこない(汗)
そろそろ煙突掃除しないと(笑)

P1100915

トラクターの事で田んぼに出向き、帰り際に撮りました。
「そのまま 里山」って感じの風景の中で、毎日仕事してるんだなぁって改めて思いました。

P1100916

棚田の中には、お米を作っていない田んぼが目立つようになってきました。。

P1100917

傾斜には先人たちが植えたクヌギの木。炭を作る為だったのか、原木椎茸を栽培する為だったのか。

P1100918

隣にはミカンの畑が。色鮮やかに生ってます。サルの被害に悩まされてますが。

これは皆、作った風景です。自然じゃないんですよね。
先人たちが工夫して、生活の中で生かしていける様に作ったのが里山なんですよね。
現代人も落ち着くし、良い風景だなぁと。素晴らしい事です。

数十年後はどんな風に変化しているんでしょうか。

最近どうにもネタ切れ感が(笑)田舎のこんなの見たいわってのもありましたら、出かけて撮ってきますのでよろしければお知らせくださいね(*^_^*)