耕運機のハンドル。

七月最後の日と日曜日、とんでもなく暑い日となりました(汗)
夕方になってようやく気温も下がってきましたが、農機の修理もはかどらず事務所でだらだら過ごしてしまう事となってしまいました。反省・・・。

明日から八月が始まります。例年に比べて稲の生育も早いように感じますが、お盆を明けるとすぐに稲刈りに突入でしょうか!?暑い稲刈りになりそうです。

P1120130

こんな物見た事ありますか?
分かる人は年代が高め?(笑)昭和半ばに大活躍の、耕運機の始動に使うハンドルですね。

これが無くてはエンジンがかかりませんから、皆さん大切にされてました。
二つ持ってる農家さんも、いました。
でもどこかに置き忘れて、メーカーに注文したら見つかった!?って方もいましたね(笑)。

この辺は松阪牛の発祥の地とされてますが、始まりは田んぼを耕す等に使った農耕牛が元だと聞いた事があります。
うちも昔は牛を飼っていました。子供の頃は周辺でも飼っていた農家さんも、たくさんいた記憶があります。

P1120129

田んぼを耕すために、大切にされていた牛に変わって登場したのが耕運機です。
まさに「鉄牛」ですよね。
餌も要らず、糞もだしません。代わりに燃料は必要でしたけど、扱いは楽だったと思います。
初期の頃の耕運機は、調子が悪かったみたいですけど、ディーゼルエンジンの耐久性には驚きますね。30年以上経っても簡単に動きます。

耕運機をまだ使ってる農家さんは、この辺でもけっこうあります。
そしてお年寄りの話に、当時の耕運機の話題がよく登場します。

セキハツ?は大変だったとか。この辺では珍しくて田んぼを耕してると、見学者が畔に並んで様子を見とったとか。

それからトラクターが登場して乗りながら耕耘出来るようになり、最近はGPSで無人で耕せるのも実用化されています。
何十年間で一気に変化してきた農機業界ですけど、ここまで来たら後はどうなるんでしょうね。
無人化?おそらくそうなりますよね。
人が乗っていないトラクターが、田んぼで動いてる!?そんな光景がすぐそこにやって来てると思います。

今年の夏は今のところ順調です。

どうもご無沙汰しております・・・(汗)
既に最終の日曜日となっておりました。今日も開いてます。

P1120049

夏真っ盛り、仕事は草刈関係がほとんど(笑)今年もかなりの台数直しました。
ホームセンター購入の物も直しましたが、修理代がけっこう掛かるよって言うと1万で買えるからって持ち帰りもあったり・・・工賃もかかりますからねー仕方ないです。

今年もカメムシの被害が多そうです。朝から動噴の修理が入ってきましたが、長年使っていないと駄目になってるのが多くて困りました。
使わなくても痛みますからね、どうしても。

P1120118

P1120116

うちの田んぼはようやく良い感じに株も太り、育ってきましたよ。
問題はカメムシと獣かな。殺虫剤を掛けたくないので、被害を少なくしてほしいところですが。

高齢化で離農が多いな中、逆に自分なりの農業をやろうとする方も増えて来てる感じもします。
この夏はそんな風に思った次第です。

いつもにましてまとまらない記事ですが、今年の夏は今のところ順調に過ぎております。

草刈女子に使って頂きたい

うぉーって感じの猛暑の日曜日でした。
ようやく涼しくなってきましたが、暑くて外で仕事できませんでした。
草刈等、この時期に外仕事は十分にお気を付け下さいね。
我慢せずに水分をとって、休憩を取りながらの作業が大事です。
しかし、七月でこの暑さ・・・どないなってんの?

草刈がこの季節、農家さんの主な仕事になりますが刺激的な色の(笑)草刈機が出ております。

草刈女子って流行りませんかね?
女性が草刈をする光景も珍しくなくなりましたが、女性専用の草刈機って中々ありませんよね。
少しでも軽いのを使うというのが、今までのスタイル?うちでも女性の方の草刈機購入はけっこうありますが、一番軽いのを勧めてます。

そんな状況の中、メーカーが立ち上がり女性だけのチーム結成、女性の為の草刈機発売となった訳です。

P1110950

ピンクの草刈機!オールピンク(笑)

P1110954

P1110955

P1110956

肩掛けストラップ、携帯ケース、手袋、刈り刃全てピンク、オールピンク(しつこい?)

色だけじゃないんです。使いやすさも考えつくされてます。
非力な女性でも使いやすいように、ハンドルの位置や角度などなどかなりの逸品に仕上がっておりますよ。

写真で見るだけでは分からないという方に、展示機も用意しております。
週末も開いております。お気軽にご来店ください。

たかお農機店 0598-32-4675