皆で農作業

台風も過ぎ去り、早くも九月後半となりつつあります。

P1120378

我が家の田んぼは、かなり良い色合いになってきましたよ!どうですか?
来週からでも、そろそろ稲刈り開始しようかな(笑)

今回も、秋の収穫の様子を書きますね。

P1120316

はざ掛けの写真ですが、飯南はけっこう残ってます。
牛を育ててた歴史もあってか、藁を採る農家さんもあって季節の風物詩となってます。

P1120321

P1120324

P1120322

夫婦で脱穀はよく見る光景ですが、乾燥した稲穂を運ぶのは娘さんです。
皆で食べるお米ですから、皆で作業するのが良いですよね。
最近の稲刈りは、コンバインでひとりで刈ってひとりで運んで終了が多いと感じます。

一年のうちに数日だけ、皆で一緒に作業すると一年の食べるお米もまた美味しく感じるかもしれません。

P1120319

機械を見てまたビックリ!?昭和何年?50年ほど経ってるかも。
この機械の前が足踏み脱穀機といって、エンジンでなく足で動かす機械でした。
今、その機械がアフリカとかで大人気だそうです。

ハザで干して、手間掛けて脱穀して美味くないわけ無いですよね。
修理に行っても田んぼにたくさんの人が居ると、何やらホッとします(笑)

P1120329

子供さん達、ハザの前で記念写真!残しておくと良い思い出になりますよ。
観光地に行かなくても、子供たちは田んぼで遊べるんです。
自分たちがそうでしたから(笑)

この機械も壊れたら直しますから、ずっと続けて行って欲しいですね。

若い夫婦が米つくりのお米の収穫です

九月に入りましたよ。秋の涼しさがようやくやって来ました!

稲刈り真っ最中!?いえいえ、ほぼ終了です。今年も夏の盛りにパラソルを立てて、皆さん頑張っておられました。
残すは、晩稲の米と我が家の棚田の米ぐらいでいしょうか(笑)

P1120299

ようやく黄色くなってきた我が家の田んぼの米は、毎晩獣の被害に遭わないか心配の毎日です(汗)

今年もシーズン色々ありましたが、トラブルは少なく農機の進歩と天候の良さを感じましたね。
印象に残ってるのが、若い夫婦が米つくりでも書きましたが、春に植えた稲を刈り取りを迎え、またまたお邪魔してまいりましたよ。

あれから4か月!?立派に成長した稲穂をコンバインで刈り取りました。

P1120234

出来は?まー良い感じです。うちの肥料使ってもらいましたから(笑)たくさん採りたいけど、低農薬で育てたお米は別の価値があります。

P1120248

こんな光景は、ちょっと前までの田舎の農家さんでは普通の光景でした。
家族総出で籾摺りしたり、お米を運んだりと。皆が役割があって、協力して作業してました。

子供もその時の記憶が残り、大切なお米を残さず綺麗に食べる事にも繋がるのかと。
各家で籾を乾燥してお米まで仕上げる農家さんも激減しましたが、これも時代の流れです。
貴重な体験になるかもしれませんね。

何処に行っても「米安いからー、しんどいし」って言われますけど、このお米に価格付けてって言われると悩みますよね。
手間考えたら、すごく高いものになりますし。

小さな農家さんが、家族で食べる分を作り続けていくのがやっぱり良いのでしょう。
でも人手があっての話なので・・・

しばらく稲刈りのシーズンの話が続くかもです。