すべて山からやってきます

久しぶりの青空を見た気がします。

伊勢湾台風並みの勢力でやって来る・・・松阪周辺は数年前に宮川を中心に、ひどい災害に見舞われました。そんな災害がまたやって来るのか!?

櫛田川は幸いにも決壊する事なく、浸水被害はありませんでしたが山から来るものの怖さを思い知った台風でした。

根こそぎひっくり返った木や、泥水と共に流れてくる枝葉は引っかかり流れを変えます。川は土砂で埋まり、被害が広がります。

考えてみると、全て山から流れてくるものです。下流に住む人たちはそれを全部受ける訳です。

山は色々な物を恵んでくれますが、怖いものもたくさん送ってきます。

流れてくるものを止める手段をたくさん作ってきましたが、中々難しいようです。

日本の田舎の様に山の麓に暮らしていると、上から流れてくるものの怖さをもっと知っておかないと駄目かなと思いました。

山を管理して行けば被害も減るのか?難しいところですが、木々が根こそぎめくれてるのを見てしまうと管理する事の大切さも必要かなと思ってしまいます。

何百年に一回の大災害も、最近は何回も聞くようになってきました。今回はたまたま運が良かっただけと思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です