玄米保冷庫の前は

肌寒い日曜日でした。いよいよ師走も近づいて、今年も残り少なくなってきましたね。

こんなものを貰ってきました。

何でしょう?わかりますか。

年配の方なら懐かしいって感じで、分かる方も多いかと。これはお米などの穀物を入れる保管ですね。

この辺りの農家さんには必ずと言って良いほど、蔵や倉庫に置いてありました。

秋にお米を収穫したら、この穴からお米を流し込んで貯蔵して食べるごとに下の穴から出して精米していたんですね。今思うと入れるのも出すのも結構面倒(笑)

でもその当時これが普通でしたから、当たり前の様に入れて保管していました。虫よけに唐辛子を入れたりとか聞きました。

現代の保管はこちら!

20数年ほど前に玄米保冷庫なるものが発売され一気に農家さんに設置されていきました。

当店もたくさん販売させて頂きました。年にかなりの数を設置させて頂いたと思います。そうすると要らなくなるのが、この入れ物なんですね。

保冷庫を納品した帰りに、よく乗せて帰ってきたのを思い出します。今回久しぶりに持ってきたので懐かしくて書きました(笑)

玄米保冷庫もいまやかなりの普及率で、家庭の電化製品として普通に有ります。最近は家族も少なくなって小型のものに買い替え需要があるそうです。

となれば今度は昔の保冷庫を持って帰ってくるのかなって思いますけど、フロンガスの問題などで簡単には処分できないようですね。

温暖化が問題なのか分かりませんが、お米も冷やさないと品質が維持できない時代なんですね。

アジの開き

いやぁー、寒くなりましたね。冬の訪れが早い気がします。

薪ストーブも早々に焚き始めましたよ。11月のいつまで焚かずに居れるか、我慢我慢でした。早く焚いたら負け!という自分の決まりがあって(笑)というか、薪のストックが例年ギリギリだけなんですけど。

秋は何でも活動的なようで、海も活性が高いようです。

アジ釣りに行っていた親せきから、大量にアジを貰いました。100匹ほど釣れたそうです。何とも羨ましい・・・行きたくて仕方ないのですが、予定が立たず。

せめてアジの味覚だけでも味わおうと、簡単にできる一夜干しを久しぶりにやってみました。

農機屋なんですけど、こんな記事で良いのかな?と思いつつ書かせて頂きます(笑)

久しぶりに出してきた、包丁の切れない事。切れない刃物は非常に怖い。ケガをする前に軍手をはめました。常に包丁は研いでおかなくてはいけませんね。

チェンソーも同じ事。目立ての出来てないチェンソーは重いだけです。仕事になりません。

50枚は開いたでしょうか。朝からお店の事務所が魚の香りで一杯です。

うちから持ってきたカゴに入れていざ干しましょうと思いましたが、さてどこに?

風通しが良くて、様子が見れるところは?ココしかないようです。お店の玄関。

来店される方にはちと匂って申し訳ないのですが、少しの間我慢して頂きました。

さてさてお味は?

姿は良くありませんが、良い塩あんばいでご飯の進む事(笑)

手作り一夜干し、堪能しております(*^_^*)。釣りに行きたいなー(笑)

 

福老(フクロウ)

秋らしい日が続いてます。田んぼもようやく乾いてきたかな?

巨大イノシシに続く、飯南下仁柿地区に設置された、巨大案山子が出来上がりました!

2017年、今回は巨大フクロウです!!迫力ありますよー。今にも飛び立ちそう(笑)

今回は高さがありましたから、何か?と思っていましたがなんとフクロウでした(笑)

福老(しあわせに老いる)不苦労(苦労なく)そんな願いを込めてあるそうです。

羽根の感じが、藁をうまく使ってあるなぁ!最初観た時感じました。藁って芸術作品に結構生かせるんじゃない?

自然に中にある素材を使って、実際に実現するのは、中々思っていても実現できるものではないですよね。この取り組みは作られた皆さんの苦労あってのもですが、素晴らしい事だと思います。

沢山の方に見て頂きたいですね。

しばらくは居ると思いますが、飛び立つ前に(笑)どうぞ見に来て下さい。(*^_^*)

減らす事が大切なんでしょうね。

久しぶりに穏やかな日曜日でしたね。

先週の深野棚田祭りも中止となり、週末の各地のイベントも延期などが多かったと思いますがこの3連休はイベントが盛大に行われた事かと思います。

前回に山からやって来ると書きましたが、こんな現場を見つけました。

大きな石が落ちて来ていました。車や人に当たれば大変な被害です。そして、その上に有ったのが獣除けの金網でした。補修されていましたが、突き破って落ちてきたのは間違いないです。

他の場所は見ていないですが、おそらく他にもあるはずです。金網が破れたら、そこから獣が侵入するのは間違いなし。その度に補修していくのも大変な作業。

獣が入って来るのを止めるのは、限界があるなって思いました。

前に獣害対策に取り組んでる方と話してたんですが、捕えるよりも生まれる数が多すぎて全体数が減るよりもどんどん増えていると言ってました。

10年前と比べて明らかに増えてると、現場を見ている自分も思います。そして厄介な事に、人間を怖がらなくなって来ているもの感じます。

夕方に田んぼに行ったら、イノシシが襲ってきたって話もちらほら。

各地で減らす努力もされていると思いますが、更に強化していかないと被害は減らないとつくづく思います。