うきさとむらのみんなの店

さてさて、今年も残り少なくなってきましたよ。当店はいつも通り31日まで開けてますよ。

ひさしぶりに、うきさとむらに行ってきました。みんなの店さんで、商品を並べてもらったりお付き合いさせてもらって10年以上になります    

うきさとむらの話は、このブログで何回も書かせてもらってますが、今大注目の集落です。視察も多いとか。

何故に注目かと言いますと、高齢化がかなり進んだ地域で、そこに住む人々がその地域で生きて行く為の仕組み作りが早くから行われているからです。

みんなの店がオープンしたのは、まだ過疎化がそれほど言われ始める前の事だったと思います。皆で出資して買い物ができる店を作りました。

冬には薪ストーブに火が入り、お客さんは必要な物を買ってお茶を飲んで火に当たり話をしてゆっくりと過ごします。

皆が知り合いで賑やかなお店です。

毎日誰かが来店して、賑やかなお店です。価格は普通です。セールはしていません。

皆で運営してますから、皆が買います。

薪ストーブの薪はいつの間にか誰かが割ってくれて、積んであります。皆が助け合ってます。

生ものなどは売ってませんから、スーパーに行く為に買い物バスも始まりました。

運転できない高齢者に大好評だそうです。

数年後にはこのような買い物に困る地域がもっと増えて、うきさとむらのような取り組みがどんどん始まって来ると思います。

田舎の小さなお店を営む当店としては、とても気になる地域です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です