発電機は必要かもしれません。

台風が過ぎ去って、数日たちました。カラッと晴れ渡るのが台風の後!って記憶が残ってますが、その後も暑さが続きそれからは雨続き・・・

台風の暴風の爪痕に恐ろしさを感じたと思いきや、北海道の大地震。日本はどうなってしまうんでしょうか。

こちらは被害も少なく、お店のテントは修理したおかげで少し破れただけ。雨漏りは相変わらずでしたが。

しかし、お昼からの停電には困りました。

事務所は暑くて、活躍したのがマキタの扇風機でしたが、バッテリーが無くなれば使えませんよね。

丸一日停電で、電気依存の怖さを再確認したわけですが家庭で活躍したのが、発電機でなはなかったでしょうか。

過去に少し大きめの電力の発電機を購入して頂いたお客さんは、「冷蔵庫と他にも数台動かせて、助かったわ」と喜んで頂きました。

いま、修理場に発電機が数台入ってきてます。いざ動かそうとしたけど無理だったんで直してほしいとの事。

田舎は結構、発電機所有率高いです。小型タイプが多いですけど、農作業で昔はよく使ってました。

でも使用頻度が減ってしまいっぱなしも多くて、いざ使おうと思っても使えないことが多いようです。

緊急時はない方が良いと思いますが、近年の災害を思い起こすと自己防衛の準備ははかなり必要なのかなと思ってます。

電気が来なくなる・・・電線で供給されているものですから、破損も十分考えられますよね。田舎の山林を張り巡らせてる電線は、木々の倒木で切れてしまう事も多いようです。

小さい発電機は全て賄えるものではないですけど、少しでも手助けになればちょっと安心ですよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です