無人のトラクターが話題

皆様、遅くなりなりましたが、おめでとうございます。

今年もブログも合わせて、お付き合いよろしくお願い致します。

いきなりくだらない写真ですいませんが、眺めてたらあまりに似てるのでインスタにアップしてしまった写真を使わせて頂きます(汗)鏡餅と思って頂ければ幸いです(笑)

さてさて、2019年も始まりまして、農機屋の仕事もスタートしましたよ。

1月2月はおそらく閑散としてると思いますが、どうなることやら。

お正月のドラマ、下町ロケット見ました?自分は録画してるのを今見てるとこなんですが、無人のトラクターが話題のドラマです。

個人で所有するにはまだまだ先の話となると思いますが、大規模農家さんは気になるところですよね。

人手不足が頻繁に聞かれるようになって、農地も集約化されて広大な面積を少ない人数で管理しないといけない時代はもう来てますから。

田植えや稲刈りは技術も必要になってくるんでまだ先かもしれませんが、耕耘などの作業は無人でもこなせますもんね。

田んぼを無人トラクターで耕してくれている時に、他の作業が出来るのは良いですよね。省力化に繋がります。

衛星を使った、いわゆるGPSの力は凄いです。精度がどんどん良くなってきて、うちの所有しているドローンもGPS無しじゃ空で安定しないので飛ばせませんし、散布なんて出来ませんよ(笑)感謝感謝です。

うちの地元もどんどん人が少なくなってきて、農業を辞める方も昨年も結構ありました。

中山間地域の農地が荒れない対策として、市町村で無人化した農機で管理していく時代が来そうですね。

その時は、操作するオペレーターに応募したいです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です