お茶刈ってきました。

一月も残り一週間!?早いですねーって、2月もすぐに過ぎるんでしょうね(汗)

時間に余裕がある冬にお茶刈ってきました。
お茶って今頃刈るの?って思いますけど、ただ単にうちが遅れているだけですから(笑)
でも作業は一人で出来る裾刈りですよ。
P1090566

お茶は普通二人で刈る事が多いです。お茶畑は効率よく作業できるように長く栽培していて、作業機を二人で持って端から刈り取って行きます。
最近は乗用型の作業機で一人で刈ってますけど、乗用型機械の入らないところや自家用のお茶を栽培している家は夫婦で作業が一般的でしょうか。

ここでも何回か書いてますけど、我が家も自家製のお茶を作ってます。安心の無農薬有機栽培。お礼に送ったり買って頂いたりと色々利用してます。

基本は親父達の担当なんですが、足が痛いらしくやってくれと。
年配の方、足が悪くなる人多いですよね。お客さんでも多数います。無理が効いてくるでしょうか。

P1090568

分かりにくいですけど、バリカンの刃の下にタイヤが付いてます。
縦に刈っていくので、タイヤを転がしながら裾を刈っていきます。通路ですから、枝が伸びてくると引っかかって非常に邪魔(汗)なので。

P1090569

お茶は年間を通して管理が必要です。茶の木というほどですからどんどん伸びます。
ほおっておいたら大変なので、伸びた枝や葉っぱを刈り落として、新芽を採取します。
新芽を採るために肥料をやり、剪定してと色々やる事があります。

うちも含めてですけど、機械化出来ないところの作業はこれから色々と大変です。
美味しい田舎のお茶も、欲しい人いっぱい居ると思うんですけどね。

受け継ぐ

いつの間に2月に入ってました。(汗)

農業オフシーズンですが、日曜もお店は開いてます。
最近、チェンソーがちょこちょこ売れるんですよ。ありがたいですね。
用途は薪ストーブユーザーの薪作りであったり、自分ちの山の掃除に使ったりが多いでしょうか。以前に比べ、本格的なプロソーは少なくなりました。
山の仕事をする人が激減してますからね。

先日、同級生がチェンソーを買いに来てくれました。
聞けばお茶を処分するので、枝から伐採したいとの事。お茶の木も根元は太いですから、チェンソーの方が仕事もはかどりますね。

40半ば、そろそろ家の事もしていかないといけない年代なんでしょうか。
親父さんも良い歳です。うちも同じですが、無理が効かなくなる年代ですから農作業も受け継いでいく頃でしょう。
子供の話をしたり、同級生の話をしたりと仕事を離れ学生時代を思い出しました。

田舎でもこれからこのように息子さん達が、先祖代々の土地を管理していくんでしょう。
反面、耕作放棄された土地が、今後どんどん増えていくと思います。

農地として活用できなくなった土地の将来は、どのようになっていくんでしょうね。
何かいい活用方法はないのでしょうか。

手作りの新茶

あっという間の週末です。何をしていたのか思い出せませんが(笑)田植えと茶刈りで過ぎていったような気がします。

まずはこの写真をご覧下さい。

Panelimg

左は管理された茶畑ですね。四角く刈られて綺麗な形です。そして右が20年ほど放置された茶畑です。
茶の木と呼ぶほどですから元々木なんでしようね。放置するとどんどん伸びていってジャングル状態(汗)野獣の寝ぐらとなります。

でもせっかく毎年伸びてくる新芽だから、勿体ないから飲んでみようと摘んできたそうです。

P1060823

ムシロって分かります?藁で編んだ敷物ですけど、とんと見なくなりました。
まずは茶葉を蒸すんですよね。長く蒸したら深蒸し煎茶になるんでしょうね。

蒸した茶葉をむしろに広げ、日光を当ててよく乾燥させます。

P1060826

それからが大変です。このように揉みながら転がして細くしていくそうです。

P1060834

どんなお茶に仕上がるんでしょうか?

茶工場が出来る前はこうやって自宅で新茶を作ったそうで。何十年振りの作業だそうですよ。
途中で帰ったので、出来上がりは確認できていませんが、「出来たら、飲ませてな!!」ってお願いしてきましたので、近日中にお邪魔したいと思ってます。

手作りの新茶、どんな味でしょうか?楽しみです。

色々な緑色

もうすっかり五月ですね。最初の投稿になります。
皆さんGWはどう過ごされましたか?うちは例年通り田植え&茶刈りの修理などでフル出勤でしたが(汗)
ようやく連休が終わってトラブルもなくホッとしてます。

でも今年は例年になく、お茶の状況がよくありません。雨が少なくこの寒さ。未だに茶刈りが終わっていないところがほとんどです。
近年の気候変動に農家さんは悩まされます。

前回、緑は良いですって書きました。連休中に改めて町内の緑を眺めてみました。この時期の緑をもうちょっと書いてみたいと思います。

ここは「田んぼの苗の緑と茶畑の緑と山の緑」が一度に楽しめる場所です。
こんな場所は意外と無いかもしれません。おまけに青空が綺麗でした。

P1060772

ひとくちに緑と言っても色んな緑がありますよねー改めて思いました。
山の緑は濃い針葉樹、雑木の若い葉っぱの緑で全然色が違います。

P1060774

お茶も色に少し違いがあるの分かりますか?これは新芽を刈った後ですね。古い葉っぱで色が変わります。
畑も変われば肥料によって色も変わってきます。

何気なく毎日見ている景色ですけど、こうやって改めて見てみると違いが見えてきて面白いというか驚きますね。

もちろんこの景色も自然ではなく、人の手によって出来ている景色です。
里山の景色を維持していくのは、地元の農家さんの努力によるものなんです。

何十年後にもこの景色は残されているんでしょうか。残していきたいですよね。

緑は良いです。

一週間ぶり・・・すいません、書けなくなってきました(汗)
でも雨だったんで少し書けます。

日に日に暖かくなるこの頃。昨日、事務所で蚊を発見!!早すぎじゃないの?

先日から田植えが始まり、忙しい毎日です。飯南はお茶の町です。
田植えと同じぐらいに新茶の季節もやってきます。

P1060736

P1060740

P1060741

まさに新緑って感じですよね。いつも思うんですが、この中をゆっくりと散歩したい人って居ないのかな?季節ごとに風景が変わって見ごたえあるんですけど。

P1060731

秘境の(笑)のクレソンも花が咲いてます。

春の緑は良いですねー。短いけど終わりです(笑)

茶畑って絵になるな。

良い天気でした。こないだから会う人に、焼けたねって言われます。
田んぼで紫外線に当たっているからです(汗)

お茶もほぼ終了ですかね。今年は遅れました。最近の傾向で春先に寒くなって芽も出にくく収量も減ってますね。

日曜日、以前田植え機の試運転でお邪魔した、お客さんちにまた行ってきました。
来てるかな?と思いつつ茶畑を覗くと居ました(笑)

Dscf4894

週末、大阪から茶摘みのお手伝いに来てくれたそうです。
今回はツナギ姿!!ご夫婦でお似合いです。
今度は秋の稲刈りにお会いしましょうヽ(´▽`)/楽しみにしてます。

Dscf4895

この傾斜!?何度あるんでしょうね?機械を持って茶の入った袋を引っ張りながら歩くのって大変ですよ。
後ろから袋を持ってくれるので大助かりです。

Dscf4900

ここなんて綺麗でしょ。

Dscf4899

茶畑って風景としても十分絵になりますよね。
決して自然じゃないけど、人の手によって創りだされた自然とマッチした風景。

田舎ってそんな場所が全国たくさんありますよね。
この辺でも石垣の棚田なんてそのまま絵になりますよ。

生産物でお金にならない時代、田舎は景色と昔からある物を利用して、盛り上げていかないと駄目なのかなといつも思います。

1人用茶摘み機

寒い・・・もうすぐ3月だというのに。でも毎年こんな感じで春がやって来るんでしょうね。

春になればこのあたりで一斉に始まるお茶摘み。
今は茶畑もひっそりと眠ってますが。

前に書きましたが、お茶の現状。乗用タイプが入らない茶園はどうなるか?
でもずーと続けて栽培している農家さんもあります。

用途は主に自家用。無農薬のお茶を栽培して毎日飲まれてます。後はお使い物に使ったり。田舎のお茶ってけっこう喜ばれるんですよね。

手バサミってわかります?写真無いですけど、お茶を手で摘む代わりに大きなはさみのようなものでお茶を採ります。今は使っている方少ないです。
数年前に2台ほど売れてびっくりしました(笑)

Dscf4383

その後販売されたのが写真のようなモーター式。
この辺ではかなり売れました。ハサミに比べ雲泥の差で刈り取れます。
でも発電機からの電線が邪魔でした。おまけに発電機やら電線やら持って行くものが多くって・・・。

Dscf4384

数年前に発売されたエンジン搭載の茶摘み機です。進化しました(笑)
使い方はこのように袋を付けて刈っていきます。

Dsc02712

Dsc02713

持ってくのは本体と袋だけ。身軽です。
けっこう売れてます。モーター式からの買い替えが主ですね。
使っていると近所の方が見に来て、また買ってくれるという黄金パターン!?もありました。

お茶って摘んだ後、そのまま時間が経ちすぎると品質が悪くなります。
温度が上がってくると尚更です。せっかく刈った茶葉、早く加工工場に持ち込みたいですよね。

お茶畑がある方のみ関心のある話題ですけど、すみません。
春も近いんで、少し商品の紹介もさせて下さいね(^-^;

ブログを見て、ご来店頂いた方には袋をサービス&食用油のスプレーをサービスしましょうか。必須品ですもんね。

今年の春はお茶摘みもこれで、時間短縮で終了です。余った時間を有意義にお過ごしください。

よろしくお願いします o(_ _)oペコッ

茶畑を風景として

月曜日です。今週も始まりました。がんばってきましょうヽ(´▽`)/

飯南はお茶の生産地です。
周りの風景には茶畑が昔から広がっております。

いきなりですが茶畑も形に違いがあるって知ってました?
まずはこの茶園。

Dscf1065

例えばロールケーキ(笑)の上の部分のような、カーブがきつく刈ってある茶園。

もうひとつは

Dscf4313

カーブが浅く刈ってある茶園です。

違いは何かと言いますと、きついカーブの方は

Dscf0408

この様に専門の刈り機で片面づつ、刈っている訳です。

カーブの浅い方は写真無いですけど、乗用タイプの刈り機で一度に刈っていきます。
この違いで形が変わってきます。

飯南町も近年は浅いカーブが、かなりの面積を占めてきました。
理由はやはり人手不足、高齢化・・・・どうしてもこの作業は2人要りますからね。

Dscf1418

どうでしょう、この景色壮観だと思いませんか。
霜よけファンが立ち並び特別な空間に感じられませんか。

春になればもっと緑が淡くなり、何とも言えない風景になります。

これは自然ではありません。人工的に作られた風景です。

Dscf4315

雪が降るとこのように姿を変え、違った姿で楽しませてくれます。

お茶の価格が下がって魅力が減り、担い手も無くなり放棄茶園が増えて来てどんどんこんな風景が無くなって来ると思われます
人力で刈っている茶園は尚更です。

なんとかこの風景を生かせないか、この景色は飯南にしかない訳です。
茶畑に散策に入りたい方もいるはずです。
毎日、茶畑を見ながらそんなことばかり空想してます(笑)

飯南の茶園農家さんも色々考えておられますよね。
なかなか難しい話ですよねー

修理場一杯。

肌寒い一日でした。今日は朝から雨、嫁が休みで店番をしながら一日閉じこもり状態でした。
久しぶりに店舗から出ずに過ごしました。溜まった経理作業をパソコンに打ち込み(数字を見ながらずっと打ち込んでいるとフラフラします(笑)
後は溜まった修理をやりました(溜めてばっかです。お金なら良いんですけど・・・)

Dscf1677

こないだから集まってくるのはお茶関係の機械。
お茶刈りが終わって選定作業に入るわけですが、久しぶりに使いだすと途中で調子が悪くなって持ち込まれる事が多いわけで。

「いつでもええでな!!」 皆さんそんな風に言って置いて行かれます。(ほんとに良いのか?それなら、なかなか出来上がらないぞ(笑)
そんな方に限って次の、次の日辺りに「もう直っとるかん?」なんて電話が掛かります。

いつでもって・・・・早めに取りかからないといけません。
今回は多いです(汗) 修理場が同じ機械で埋め尽くされてます。

Dscf1676

この写真状態から本日、さらに2台追加されました。
明日は晴れるんでしょうか?我が家の田植えも残ってます。
もうしばらく忙しいでしょうか。がんばらねば。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお

田植えと茶刈り

さわやかな一日。朝から薪を運び、玉切りをする予定が2回自宅に運んだだけで終了。
後、半年で焚くのに今割ってない・・・どうするの?

こないだから我が家の農作業が始まりました。極端に水がなく、川も干上がり辺りには田植えを諦めた田んぼがちらほら。

異常な渇水、作物も容易に作れなくなっているようです。

Dscf1660

苗も伸びすぎてもう植えないと駄目という事になり、なんとか水を入れて一枚植える事に。
我が家の田んぼの栽培面積は3反ほど。家族で食べるお米と残りを販売したり、毎年作ってますがほぼ親父が管理してます。

Dscf1658

時間が空いたので、田植え機に乗っていざ田植え。1年ぶりの田植えですがなんとか曲がりながらでも植えて行きます。
機械がやってくれるので短時間で出来るんですけどね。

お米ってどんな風に出来ているのかって知らない人たくさんいるんだろうな?って植えながら毎年思います。
主食なのに意識的に低いところにいるような。

Dscf1661

田植えの後はお茶刈り。新茶を刈ります。
今年のお茶は伸びてません。この辺は日当たりも悪いんですが雨も少ないんで伸びてませんね。
味もどうでしょうか。肥料もあまり効いていないかもしれませんね。とにかく雨が少なかったのが効いてますね。

Dscf1663

うちの親父が茶刈りの相棒です。インド人ではありません(笑) タオルはやめとけ!!っていつも言ってるんですが、聞きません。見苦しいので顔を消しておきます(汗)

残りは田植え、薪割り、薪積み・・・用事がたくさん残ってます。
これが終わらないと気になって釣りも行けません。まだまだ休めません。

薪ストーブ生活を応援する店舗 たかお