幅広の本流アマゴ

週の始まり月曜日、朝から曇り空で暑さも和らいで快適な一日でした。

5月も後半になりまして、気になるのが川の方(笑)例年なら少なくとも、もう既に3回ほどは行っているはずの渓流釣り。

今年はまだ一回も行ってません。仕事?用事?どちらにせよ行ってませんです。

今朝の櫛田川はちょうど良い水量で、曇り空!昨日の日曜も仕事したし・・・お茶の忙しさもそろそろ終わってきたし・・・今日は釣れるはずやし・・・(笑)

理由を無理やりつけて、一時間ほど行ってきました。

ホームグラウンドの櫛田川も最近の雨で、綺麗な水です。いかにも釣れそう!!

今年、一発目。ミミズを付けて流します。仕掛けは道糸08ハリス06ガン玉、昨年作った仕掛けそのまま使用(これはあかんやつです。これで切れたら涙ものなんで、新しい仕掛けを作っておきましょう)

久しぶりなんで、じっくりいきたいとこなんですが時間もあんまりないので、自分が実績のあるとこを中心に流します。

でも当たりません。やっぱりこんなものです。そんなに簡単に釣れませんよね。でも今の時期は活性が高いはず。

ガン玉変えて同じとこを何回も流します。良い場所には居るはずです。

何度も流してたら、沈み岩の横辺りでゴン!!って感じで目印が入りました!

すかさず合わせたら、久しぶりの手ごたえ。掛かってます。しかも良いサイズっぽい!

流れが急なんで、竿を倒してこらえます。こっちに来いって感じです(笑)ここで切れたら、やっぱり仕掛けは新しいのが・・・ってなります。

でも切れませんでした(笑)。無事に寄せてきて、慎重にタモですくいます。

良い太さの幅広の本流アマゴ。28センチ程ですが、もう大満足です(^^♪

もうちょい釣ろうかって思って流してその後も何回かあたりましたが、かからず。電話も数回かかってきたんで、早々に引き上げました。

ほんの一時間ほどでしたが、良い釣行でした。

これでしばらく仕事に集中できるかな(笑)

 

 

 

 

モンベルフレンドショップの登録をして頂きました。

五月も半ばが過ぎまして、気温差の激しい日が続いてますが皆さん体調はいかがですか?

私、風邪ひきました・・・中々治りません。半袖でも平気な暑さが来たり、でも夕方には寒いほどになったりと困った今年の季節です。

連休からの仕事続きで写真も撮れていなくてアップできないのですが、飯南町は新緑が一番良い時期に入りました。

飯南の魅力は櫛田川が流れ、山が近くて空が青い(^^♪遠方から来て頂いたお客さんも言ってました。お店の前の山の迫力に感動されたそうです。

そうなんです。飯南は実は良いトコなんです。自分たちは毎日見てる景色も、他から来られる方にとってはインスタ映えする景色なんだそうです。

やっぱりそうなんだよなぁって思ってたタイミングで、三重県がアウトドアブランドのモンベルさんと組んで!?モンベルフレンドショップの登録をしているという企画を聞きまして、ダメ元で応募してみました。

うちは農機店ですが、アウトドアブランド?最近はクボタもモンベルと共同で農作業着だしてますし、田舎もアウトドアだし・・・ねぇ。

今までのお店のリスト見ても農機店なんて発見できないけど、応募はしても良いかな?(笑)

でも登録してもらいました(笑)担当の方ありがとうございます!!

モンベルフレンドショップ たかお農機店 クリックして頂きますと、お店の情報ページに飛びます。

会員さんがお店に来て頂いた際には、棚田のお米のサンプルプレゼントと日頃から飯南町をウロウロしている自分が探してきた(笑)、マニアックな里山スポットなんかをご紹介していきたいなと思ってます。

田舎の里山は農家さんたちが永年かけて、作り出してきた景色です。自然には出来ていません。そんな農家さんが激減している中で癒される里山の景色を見れるのもあと僅かだと思います。

飯南町だけでなく里山を訪れて、心に残していくのも良いのでは。

 

 

 

 

同じ茶園も刈り方が違うんです。

またまた雨です。田植えも終わり、水田もたっぷりの雨で潤います。

八十八夜も過ぎて、新茶のシーズン真っ最中!

深蒸し煎茶の産地、飯南町も大忙しなんですが近頃はちょっと様子が変わりました。

茶園の2枚の写真をご覧ください。

違いが分かりますか?そうですね、カーブの形が違います。

大きく曲がった形の茶園は昔からの茶園で、最近多くなってるのはほぼ平らに見える茶園です。

何度かブログでも書いてますけど、お茶は2人で刈るのが普通でした。時には夫婦で喧嘩しながら(笑)茶摘み機を持って、同じ高さで息ピッタリの共同作業!!

半分ずつ往復しながら刈り取っていきます。時間もかかり体力もいる大変な作業。

将来の人手不足を予測し登場したのが、乗用茶摘み機でした。ほぼ平らな茶園はこれで作業してます。

この茶摘み機は一人で作業出来て、往復せずに一度に刈り取れます。作業効率抜群になって、お茶業界に一気に広まります。

そして、個人農家さんが止めていき代わりに請け負っていくという流れです。

田んぼも同じ流れですね。大型機械でまとめて作業していくという。

でもいま茶畑が残っているのは、乗用の茶摘み機のお陰でもあります。

周辺の茶畑を見てください。ほとんど平らな茶園が多いと思います。

これが無かったら、もっと早く茶園は荒れて里山の風景も変わってきてたと思います。

でもこの先は分かりません。価格が下がった茶葉を生産していくのに高価な機械を導入していけるのかどうか。

ペットボトルに押されて、急須でお茶を飲まなくなったからなど・・・色々安くなった理由は考えられると思いますが、お茶業界も後継者不足が深刻ですよね。

手間がかかる日本茶生産、その分美味しさは格別なんですけど。

 

 

田植え機の修理に行ってきました。

明日から五月ですね。連休楽しんでますか?

田舎は田植えの真っ最中、遊びに行く前にまず田植え(笑)

今年は昨年よりも更に早く、田植えが終了を迎えているような気がします。一気に暖かくなったとの、雨が多くて水も多めだから?かなと思ってます。

今月初めに霜でやられたお茶畑は遅くなってます。連休の後半かな。

三日からの休みは新茶の摘み取りが一気に始まりそうです。

 

朝早く始まって、夕方には早めに終わるのが田舎流(笑)

朝から田植え機の修理に行ってきました。

歩いて植える田植え機も少なくなりましたが、このような田んぼは歩いた方が早いかもしれませんね。

石垣をソコにあるまま利用した!?棚田での作業は大変です。

周辺は、太陽パネルの設置が始まりました。日当たりも良いので、場所は最高なんでしょうか。でも景観が変わってしまうのは気になりますけどね。

綺麗に植わらない!って事でしたが何とか直りまして、汚れた手を水路で洗って(汚くないですよ。山からの一番目の水ですから。お米も美味しいはずですね)

コーヒー貰って、次に現場に向かいます。

昔ほど農機も壊れなくなって、修理も少なくなりましたが中山間地の農業が次の世代の方に引き継がれていくのかが気がかり・・・

農機はどんどん進化して省力化してますけど、使う人が減り続けていくのはどうにもなりません。

 

腰が痛いのですが薪割り機で割ります。

外は結構な雨が降ってます。田植えも間近、水不足解消の雨になってくれるといいのですが。

春の今頃は薪割りに追われている、ストーブユーザーさんも多いかと思います。

そのうちの一人です(笑)まー毎年のことですけど・・・。

ギリギリまで割っていないのが普通になってきたこの頃、先日まで長引いていた腰痛で今年は特にやる気が出ません。

昨年の残りのストックは、ほんの少し。この冬は経験少ないほどに寒かったので、焚きまくりました(汗)事務所はモキの薪ストーブなんで、杉もヒノキも入荷した荷物の梱包材とか(笑)燃やせるものはガンガンと燃やしました。

木の種類を気にせずに焚けるのは、ありがたいです。

重い腰をやっとこ上げて、割り始めました。さすがに割らないと、この冬も激寒だったらえらいことです。

薪割り機使ってます。農機屋なんでという訳でもありませんが、2台分の薪ストーブの薪を割るにはこれじゃないと身体がもちません。

今シーズンも何台か販売させて頂きましたが、今やネットでも当たり前のように販売されてますが、ここまで浸透するとは驚きますね。

少しだけ割りました(笑)まだ腰が本調子じゃなさそうです。

でもやるときはやりますよ。そのうちに・・・

農機も名前が付いてますよ。

いつの間にか4月に突入しておりました!

桜もあっという間に散りまして、その後に寒さが戻ってとどうにも体調も落ち着きません(汗)

でも4月です。ようやく春を迎え慌ただしくなってきました。

動き出す農機はやはり、畑用の管理機ですね。待ちに待った野菜作りスタートです。

久しぶりに倉庫から出してくると、エンジンの調子が悪いのはあるあるです(笑)

去年ちゃんとガソリン抜いて、置いといたのに・・・あまりに久しぶりなんで機械も機嫌を損ねたのかなと。

修理場は修理の機械で一層ごちゃごちゃに(普段もそうですけど、更に)

メーカーも様々。せっかくなんでご紹介です。

赤いのはヤンマーのポチ。黄色いのはイセキのパンジー。青いのはクボタのミディ。

みんな、ちゃんと名前がついてます。

お客さんは畑のアレ、直して!って感じが多いですけどね(笑)

先日、修理して配達しましたら「一番よく使うんで大事にしとるわ」って言ってました。

コンバインとか田植え機は年に一度しか使わへんのに・・・とか言われますけど、野菜用の農機がやっぱりこの辺では一番使われてるかな。

修理が入ってくるのは、激減する地域の農業に少しでも貢献できてるような気がして嬉しいものです。

ピザ作りワークショップのお手伝いに行ってきました。

びっくりするほどの暖かい日が続きます。あの寒かった冬は何だったのか・・・

こないだの週末に、久しぶりにイベントに参加してきました。

松阪のベルファームで行われたオーガニックマーケットで、久しぶりのピザ屋さん

もちろん、おなじみのモルソーのアウトドアオーブンを持っていきました。これがなくてはピザは焼けません。

もともと、このオーブンを販売する為にピザを焼くのを練習してきましたが、腕前が認められたのか!?(笑)今回はイベントのお手伝いに焼いてきました。

ピザ作りワークショップのお手伝い。ピザの生地を自分たちで伸ばし具を乗せて最後に窯で焼くという贅沢なピザ。

材料が凄い!生地は松阪の小麦を石臼でひいた小麦粉を使用。三重の牧場の牛乳から作る特製チーズ。松阪の有機栽培トマト。松阪の有機栽培玉ねぎと菜花。それを薪で一枚ずつ焼くという贅沢ピザが何と1000円!!驚きです。

ピザが好きな子が多いのか、かなりの人気です。どんどん並び始めましたよ。

そしてわたくし一番最後の肝心なところ、ピザを焼くのを引き受けました!責任重大!!!!

スイッチポンではありません。薪を入れて温度を上げて出来上がりを勘で判断するという重要なポジションです。失敗は許されません(汗)

なにせ子供たちが頑張って生地を広げ、今か今かと、楽しみに待っているのですから。

いざ投入!後ろからの視線を大量に感じつつ、久しぶりだったんで余計に緊張してやりましたがほぼ全て成功。いやぁー良かった(^^♪ 皆さん美味しいと言って頂きました。

枚数としては記録更新となりました(笑)そして、自分は薪の熱で日焼けしてヒリヒリしました(笑)

今回このイベントを引き受けたのは、まずはワークショップだったという事。子供たちが自分で食べるものを自分で作るという事に賛同しました。

そして素材が松阪産など、近いところで作られているものばかりだったという事。

市販のピザを焼くだけだったら、引き受けなかったと思います。

会場はびっくりするほどの人出でした。小さい子供さんを連れたお母さんも多くて、食に関しての意識も高くなってるのを感じました。

天気も良く、疲れましたが良い一日でした。

 

猿の捕獲檻、設置されました。

ようやく暖かい日が、続くようになってきましたね。

先ほどから雨が降り出しましたが、明日も雨のようです。しっかり降って、昨年のような水不足は堪忍してほしいですね。

最近、うちの田んぼの近くに大きな捕獲檻が設置されました。

目的は猿の捕獲だそうです。田んぼや畑を荒らす厄介な獣ですが、山を荒らして彼らの食料を減らしたのは人間に仕業ですから責任はこっちにあるんですが。

うちの田んぼも昨年に大被害を受けたので、金網で囲いました。イノシシ対策です。

これまで、野生動物との食料争奪戦が繰り広げられてきましたが、人間の知恵と努力で被害は減ってきているように新聞等では書かれています。

現実はどうかと思いますが、以前に比べてうちでも獣害対策商品は売れなくなりました。

被害が減っているのか、栽培している農家さんが減ってるのかですが、近所でも離農する農家さんが年々増えているのは実感します。

理由は獣害だけでなく高齢、担い手不足などあると思いますが。

田舎で負けずに続ける小さな農家さんを応援していくのが、小さな農機店の役目かなと思っています。

 

 

 

櫛田川も解禁です。

三月に入りまして、雨が続くようになってきましたね。今も結構な雨です。

春先の雨は日に日に暖かくなってきて、ようやく防寒着が手放せそうです(笑)

暖かくなってくると厄介なのが花粉ですが・・・こないだそれでやらかしました。

春になると売れだすのが肥料です。久しぶりに一袋20kを連続で運んでいて、くしゃみ連発。腰をやられました。皆さん、重いものを持ったままのくしゃみは危険です(汗)

しばらく安静にして、事務所に籠ります。

さてさて3月と言えば渓流釣り解禁ですよね。地元を流れる櫛田川も4日から解禁でした。

昔ほど行けなくなりましたが、やはりこの頃から気になりだします(笑)

以前のように大物も釣れなくなりましたが、櫛田川ファンにとっては楽しみな季節がやってきました。

今日のような雨で、水量も増えて日に日に魚も大きくなって楽しませてくると思います。

またここでも、様子を書いていきたいと思います。

でもまずは腰を直さないと・・・

 

クボタとコラボ。

2月最終の日曜日。いかがお過ごしですか?

寒さもようやく和らいで、春もやっともう少しとなった感じです。

ジャガイモ植えました?最近やっと、畑に出てくる方が増えてきて修理依頼や新規購入のお話を頂ます。やっぱり暖かい方がいいですね~(笑)

そんな中農機メーカーも最近色んなところと、合同企画!?いわゆるコラボってのを目にします。

モンベルってご存知ですよね。山登りされる方なんかにはお馴染みにのメーカーですけど、自分もココのファンでいろいろ持ってます(笑)

そのモンベルと、農機メーカーのクボタがコラボしてます。

クボタがモンベルと何故?とお思いだという方もあるかと思いますが、モンベルのウェアと農作業に使うウェアのコラボデザインなんですね。

これね、けっこう人気あるんですよ。アグリ女子の方などは特に。うちでも売れてます。人気のモンベルですからデザインいいですよね。

モンベルのお話しついでに、ご報告ですけどうちの店が今度モンベルフレンドショップというのに登録して頂きました!!

田舎の農機屋が何故!?詳しくはまた後日に(笑)

そして戻りまして、コラボ第2弾。ボンカレーとコラボ!!

ボンカレーはもちろんご存知ですよね。子供の頃からよく食べました!

レトルト言えばボンカレーでした。今みたいにたくさんの種類も無かったですけど、食べやすい味で今でもファンです。

そのボンカレーも発売されてから50年なんですね。うーん歳を感じます(汗)

農機メーカーのクボタの田植え機が発売されてから50年と言う事です。

自分の子供の頃は春になると、家族総出で手植えをしていた記憶がありますから田植え機の登場にはかなり喜ばれたと思います。手で苗を一本づつ植えていくのはかなりの労力が必要でしたから。

 

米つくりとボンカレーの繋がりはやはり、ご飯ですよね。

カレーもご飯がないと話になりませんよ。お米の力は偉大です(笑)

本格的な農業機械が導入されてきて、何十年かで農業業界も随分変わりました。

最近、GPS装備でトラクターや田植え機が発売されました。ドローンで空から消毒も可能になってます。

農機が勝手に動いて、田んぼで作業している光景を見るのも、数年先すぐそこまで来ていると思います。