ハーブペレット。

ニームをご存知ですか?最近有機栽培や無農薬栽培の本などでよく紹介されDsc02035
ている農業資材ですが、当店で扱っているどうぶつロープにニームが入っています。もちろん無害で動物や、虫に対してかなり寄せ付けない効果があります。実際に昨年、販売を初めてイノシシやシカに対しても忌避作用がかなりありました。米の収穫が近くなってきまして今年も売れ始めています。しかし野外ではどうしても風や雨によって効果がばらつくようです。このロープと同じ成分を炭に混ぜた商品でハーブペレットという物があります。粒状になっていて袋に入れてぶら下げておくと匂いが周辺に広がるという物です。この匂いは虫(害虫)にかなりの効果を期待できるという事です。実際「現代農業」という雑誌の6月号にイチゴのハウス栽培に何年も使用しているという記事が掲載されました。ハウスDsc02038
栽培は農薬を使います。温度や湿度が高い為にダニ等の害虫が多く発生します。農薬をなるべく使用せずに作りたいのは生産者も強く思っている事です。しかしハウス栽培では安定した作物を作るにはどうしても農薬は必要な資材です。そんな中で今回、有機トマトを長年栽培している方にハーブペレットを使って頂ける事になりました。
やはり農薬をなるべく使用したくないとニームの事も知っておられ、こちらのお願いを受け入れて頂けました。2人でハウスの中にペレットを袋に入れてぶら下げていきます。ハウスの中はペレットの匂いで充満しています。この匂いを継続させる為に定期的に交換していきます。正直不安な部分もありますが、現実に他県でペレットだけでハウス無農薬栽培を長年している農家さんもありますのでかなり期待しても良いのではと思っています。生産者も消費者も望んでいる農薬を使わない野菜作りを応援できればと思ってこの資材を取り扱いを始めました。定期的にハウスを訪れて効果を見て行きたいと思います。

コンバインの出番

今日も暑かったです。いよいよ夏本番ですね。朝からサル用の電気網の設置に行っていたのですが、ビリビリと自分もしびれて体もバテバテでした(笑)。詳しくはまた後日に書きたいと思います。今年の稲の生育も順調のようで穂がそろそろ出てきました。このまま順調に行けば収穫も、もうすぐです。こないだ植えたと思ったらもう収穫。早いもんです。これで1年分のお米が取れるとは。当店はお盆過ぎから非常に忙しくなってくるので、今のうちにコンバインの点検準備です。Dsc02041
とはいっても遅めですが、お客さんのコンバインを点検しました。当店で販売している中ではかなり大き目のコンバインです。田舎の小さい田んぼが多い地域なので、機械も小さい物がほとんど。秋は機械トラブルが多いので点検が大事です。自分のKトラの写ってしまいましたが、土日もやってますとアピールして走ってます。せっかく開Dsc02043
いているので宣伝しておかないともったいないですよね。(たまに休みますが・・・)
順調に秋シーズンを乗り越えていけるといいのですが。

サルの奴め!!

今日は暑かったですね。夏らしくなってきました。先日とうとう我が家の野菜畑がDsc02028
大被害にあいました。サルの仕業です。ちょこちょこと近いところまで来ていたん
ですが、お袋が留守の間にスイカを食べていきました・・・・。ご覧のように中の赤い部分をきれいに完食です。誰も来なかったんでしょう。時間をかけてゆっくりと味わったようです。他にもなすび、とうもろこし、など楽しみにしていた野菜が台無しです。
お袋曰く「孫も楽しみしていたので、もう収穫できると思っていたのに張り合いがないわ」と残念そう。被害にあわれる方は皆、そんな気持ちで網を張ったり、柵をしたり手間をかけるんです。
収穫を目の前にして被害にあうのは非常にくやしい。
野菜も必要だし、お袋の楽しみもあるのでサル用の電気網を設置することにしました。近日中に別の場所が完成するのでその後、設置したいと思います。サルの奴め今度は無理だぞっと。

我が家のストーブ

Dsc02022オフシーズンに我が家の薪ストーブの中のセラミックレンガの交換をしなければ
と、9年目にして初めてレンガ交換の分解をしました。機種はモルソーの1620です。この機種に限らず薪ストーブは何年か使用す
ると、どうしても火室の廻りを保護しているレンガを傷めてしまいます。薪を放り込んだり、当てて強く押したりと衝撃を与えているとヒビが入って欠けたり割れたり。消耗品なので交換のレンガは手に入りますが、交
換時の分解がけっこう面倒です。レンガを固定しているガードを外すのですDsc02025_2
が、長年焚き続けてきたネジはなかなか緩みません。最終的に我が家もサンダーで切って外しました。たまに中を見てネジを外してみるとか、メンテした方がいいですね。とりあえず割れ
たレンガを外して、新品を用意して今日は終了。
冬までにはできるでしょう。同じストーブを使用している方、何でも聞いてください(笑)お答えします。我が家は10年目に突入です。

サル用電柵2

今日も雨です。どうもすっきりしません。梅雨明けは来週でしょうか。
Dsc02010_1
前回に続きましてサル用電柵の途中経過報告です。前から設置してあった網を取り外し、電気の通る網を 取り付ける作業に入りました。網を取り付けるポールを4mごとに立てていきます。このポールは非常に頑丈なプラスチックで出来ており、叩いても割れたり、欠けたりがありません。
そのポールをかなりの深さにまで打ち込みます。この作業が、かなり大変です。専用のポール打ちを使って打ち込んでいきます。
2人でガンガン打ち込んでいくのですが、場所によってはあれ?入らんで?という所もあってなかなか時間がかかります。
今回は100mもない場所なのでポールも少なくていいのですが、他県では3kmからのところもある様で大変な作業です。
とりあえず、なんとかポール打ちも終わりました。何日か過ぎましたが、未だに腕が張って痛いです。(笑)
Dsc02012
今度は、網の設置です。50m梱包の網を広げながらポールに引っ掛け広げていきます。絡まないよう、慎重に慎重に。
地面はきれいにしておきましょう。引っ張っている時に地面の枝やら草が絡みついて大変な事になります。網に引っかかってもがいて、逃げ出せなくなる動物の話を良く聞きますが、納得です。今日はこれで終了です。後日網を調整しながら、いよいよ電気設備の設置です。では後日またご紹介します。

サル用電柵

台風一過で晴れる筈が、なかなか晴れません。仕事がはかどらず困ってます。いろんな所でトウモロコシやらキュウリやらが折れて倒れています。もうすぐ収穫Dsc01968
だったのに残念です。我が家の大きな向日葵も花が咲くことなく折れてしまいました。収穫前に無くなると言えば害獣による被害!!最近はサルが多くなって防御も難しく困り果てている農家も多いはず。何いい物はと探していますが動物ロープに始まり、さまざま試しておりますがやはり電気にはかなわないでしょうか。写真の野菜畑は網で囲ってもサルが飛び込みシカが網を破り侵入。ほとほと困っております。今回当店にてサル対策の電気網を設置して頂く事になりました。これが効果あれば他にも設置して頂けるのではと私も期待しています。お盆までには設置完了の予定ですので随時状況を書いていきたいと思ってます。

移動畑

店舗の前に置いてある移動畑です。肥料メーカーの商品で花土壌といいます。土の中にバランスよく肥料分が入っていてそのまま花の土や野菜の土に使えます。Dsc01998 今年は店舗の玄関先に袋ごと立てて春先にトマト、ピーマンを植えてみましたが大きな物が出来ています。栄養分が安定して入っているのか病気もなくいい感じです。店舗に来られるお客さんもこれを見ては「よ~出来とる、こんなもんでなー!?」とビックリ顔。なかなか楽しいです。台風が近づいているので店舗の中に移動させました。だから移動畑です。

あめんぼ号?

あめんぼ号!?ご存知ですか?知っている方は有機農法に詳しい方かも。農機業界の中で働いている自分も知りませんでした。
(芝刈り機にも草刈機まさおというのがありますが・・)有機農法に取り組んでいる人たちにはかDsc01991
なり有名な機械みたいです。
稲の間に生える雑草を抜いて処理していく機械。それがあめんぼ号です。現実は除草剤に頼っている米作りですが、なるべく薬をつかわずに米作りをしたいと言う方がたくさんいます。そんなお米を食べたいという方も物凄くたくさん居ます。
この機械は大変な草取りを少しでも楽に処理してもらおうと言う画期的な機械です。試運転をさっそくしてみましたが、草もかなり生長していたので
全部キレイにとはいきませんでしたが、見事に取っていきます。初期のまだ短い雑草であればほぼ無くなると思います。
動かした感じとしては、1輪の歩行用田植え機を使った感じでしょうか。廻るDsc01995とき
に後ろを持ち上げて廻る感じもよく似ています。

今回購入頂いた方は米作りに非常に熱心に取り組まれていますが、長く続けていくには体に負担になり過ぎない様に機械の購入も必要なんだと思いました。

どうぶつロープ?

最近ニュースでもよく取り上げてますが、動物が山から里に下りて農作物を荒らして食べてしまう被害。我が店舗周辺も例外なく日々、害獣達(イノシシ、シカ、猿)に悩まされています。今年はとうとう熊まで出没。温暖化で冬眠中の熊がうDsc01919
ろうろしていたようです。自然の中での
餌が不足しているんだと思います。動物たちも生きていくのに必死です。人間がしてきたことがどうだったのか、いまさらですが疑問が残ります。でも人間も負けるわけにはいきません。いろんな対策商品が出回っておりますが代表作はやはり電気柵でしょうか。当店Ropu
でも、もちろん扱っており知らない人は無いぐらいに普及しています。でも動物ロープは知らない人が大半だと思います。HPの薪の虫にでも取り上げていますが、独特のにおいで動物、鳥、虫などをより難くする不思議なロープ。
 

当店で昨年から扱い始めてかなり効果ありでした。いろんなところで実験販売しながら試しています。手軽に張れて効果あり。なかなか楽しみな商品です。これからどんどんと効果をお知らせしていきたいと思ってます。

薪割り機お届けとストーブ拝見

新しくブログを開設することに致しました。今まで薪ストーブ日記という形で出来事を公開しておりましたがもっと幅広くいろんな出来事を紹介して行きたいと思います。不定期の文才無しですみませんが、よろしければご覧下さい。
第一弾は薪割り機お買い上げとストーブ拝見です。
いつも薪集めに参加して頂くHさん。エンジン搭載の薪割り機をご注文頂きました。Dsc01881私も9年前から斧を降り始めましたが2台分の薪を一冬で作るのは無理でした。2年でギブアップ。メーカーより薪割り機を購入してなんとか準備出来ています。メーカーによると今年の薪割り機の売上は昨年の倍だそうだ。薪ストーブも最近の癒しブームとか原油高による影響かでブームらしい。
機械屋の私が言うのもなんだが、確かに便利です。斧で割るのもいいですが最近は皆さん忙しい。休みも用事がたくさんあります。薪割りで1日過ぎて行くのもつらいものがある。体はもっとつらいが・・。
割り難い所を薪割り機で割るとかうまく使えばいいのでは。
機種は新宮商行が輸入販売しているイタリアBell社のSP21M。ガソリンエンジンで5.7tの破壊力。53cmの長さまで割れます。我が家も使ってますので良く分かりますが、ケヤキの太い株でもバリバリ割っていきます。Dsc01879
店舗に置いてますので見たい方はお気軽にご来店下さい。割りたい木を持ってきて頂くとありがたいです。せっかくなので薪割り機を配達してご自宅とストーブを見せてもらう事に。洋風!?っぽくてすごくいい。
色合いに落ち着きがあり、飽きない感じ。ストーブもシンプルで雰囲気がいいです。我が家は木ばっかりですが。コンクリートもなかなかいいですね。。Dsc01873煙突も似合ってます。
薪割り現場は少し離れた所でエンジン音も気にならず快適に作業していただけそうです。
ユーザーの方は冬の間に来年用の薪を作らないといけないのだが、これはけっこう大変な作業である。休みの度に斧を振り上げ肩が痛くなって、どれだけ出来たのかと積んでみると以外に少ない。後日メールを頂きましたが、順調に早く終わらせる事が出来たそうです。
喜んでいただけてなによりです。